カイエン史上最速モデル、800馬力の「クーペGT」開発車両をスクープ

ポルシェ カイエン クーペ外観_003

■0-100km/h加速は3秒以下、価格は2,100万円以上の可能性も

ポルシェのクロスオーバー・クーペSUV「カイエン クーペ」に新たに設定されるとみられる、最強モデルの開発車両をカメラが捉えました。

ポルシェ カイエン クーペ外観_001
ポルシェ カイエン クーペ ターボGT 開発車両

豪雪のスカンジナビアで捉えた開発車両はほぼフルヌード状態で、「カイエン ターボ クーペ」に似たフロントエンドが見てとれますが、コーナーエアインテークのフィンが2本になっています。

リアエンドにはセンター2本出しのエキゾーストパイプが装備されており、両サイドのエキゾーストパイプはフェイクと思われます。また左側面後部のボディパネルが偽装されているようにもみえ、充電口がある可能性がありそうです。

ポルシェ カイエン クーペ外観_007
ポルシェ カイエン クーペ ターボGT 開発車両

パワートレインは、「ターボS E-ハイブリッド」から流用される4.0リットルV型8気筒+電気モーターのプラグインハイブリッドが予想されています。S E-ハイブリッドでは最高出力679ps・最大トルク900Nmを発揮、0-100km/h加速は3.6秒ですが、この高性能モデルでは800ps以上まで向上、0-100km/h加速は驚異の3秒以下のパフォーマンスが予想されています。

一方、最新情報ではランボルギーニ「ウルス」に搭載されている、4.0リットルV型8気筒ツインターボエンジンを移植する可能性もあるようです。

ポルシェ カイエン クーペ外観_002
ポルシェ カイエン クーペ ターボGT 開発車両

市販型では、スポーツ仕様にセッティングされたサスペンションを装備、ブレーキのアップグレード、大幅に強化されたスポーツシートなどが予想され、車名は「カイエン クーペGT」あるいは「カイエン クーペターボGT」などが有力だといいます。

ワールドプレミアは2020年内と思われ、価格は200,000USドル(約2,100万円)以上となる可能性もありそうです。

(APOLLO)

『Scoop』の最新記事
キア ピカント_002
韓国の元祖コンパクト「ピカント」、改良型でEVを初設定へ
マセラティ レヴァンテ_003
マセラティ、新型コンパクト・クロスオーバーSUVを2021発売へ!
アウディ RS3_003
430馬力の直5搭載! アウディ「RS3」の次期型はAMG超えに期待
マクラーレン 570Sテストミュール_001
まさかの市販デザイン流出!? マクラーレン・スポーツシリーズ次世代型、初の電動化へ
キア ピカント_006
韓国・キアのサブコンパンクトカー「リオ」、改良型に「アイスキューブ」LEDを採用か?
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事