レヴォーグSTI・プロトタイプに清水和夫がズバリ! カーオブザイヤー最有力候補か!?【東京オートサロン2020】

清水和夫さんと石井昌通さん

■レヴォーグ プロトタイプ STI Sportの独自性に期待!

東京オートサロン2020会場で、国際モータージャーナリスト・清水和夫さんとモータージャーナリスト・石井昌通さんが気になるクルマをピックアップ!

今回は、東京モーターショー2019で発表されたスバル・レヴォーグのSTI仕様(プロトタイプ)を、期待感を含めて、初見の印象をレポートします。

●電動化は後回し!? 独自の道を歩むスバル

スバルのブースにやってきました。新しいレヴォーグのSTIバージョンがありますね。昔のアウディ・スポーツ クワトロを思い出します。ワゴンで4WDでスポーツ…ずっとスバルとアウディが追いかけてきた世界です。

清水和夫さんと石井昌通さん
スバルブースの目玉は、このレヴォーグ プロトタイプ STI Sport。

1.8Lエンジンも新しくなるようです。最近、スバルネタを全然知らないんだけど、地道に頑張っているな!って思います。 アイサイトも新世代になりますね。STIが何をどれくらいやっているのか?は分かりませんが、興味ありますよね!

新レヴォーグSTIフロントビュー
1.8Lエンジンもニューバージョンになる?とウワサですね。
レヴォーグSTIのリヤビュー
テールデザインがカッコいい!

電動化の時代に『我、独自の道を歩む』みたいな。まぁやがて電動化もやっていくんだろうけど。そこはトヨタのとの連携でやるのか…?

だけど、スバルにはスバルの世界があるから、それはそれでスバルファン100万台の自動車メーカーなんですから、独自に生きていくんじゃないかと思いますね。頑張ってもらいたい!

この新レヴォーグSTI、夏以降には試乗ができる、かな?

解説をする清水さんと石井さん
コイツはズバリ! 2020カーオブザイヤー最有力候補かも!?

コイツは2020年カーオブザイヤー…の有力候補になるかもね!?

(レポート:清水 和夫・石井 昌通/アシスト:永光 やすの/動画:StartYourEnginesX)

【関連記事】

GRヤリスに清水和夫が迫る! ラリーには4WD・ターボ・マニュアル・サイドブレーキとウデが重要【東京オートサロン2020】
https://clicccar.com/2020/01/13/947060/

清水和夫にも教えてくれない、参考出品シビック・タイプRの中身はどう変わっているのか!?【東京オートサロン2020】
https://clicccar.com/2020/01/17/948556/

『東京オートサロン2020』の最新記事
俺のリバティーウォークR35
高校生のアイデアが実車になった! 「俺のリバティーウォーク」がアンベール
ダイハツ「TAFT(タフト)コンセプト」、やっぱり東モの「WakuWaku(ワクワク)」がベースだった!
チョコブランカ選手とスピーカー
早急な市販化を期待! 大迫力サウンドのゲーミングスピーカーがフォルシア・クラリオンブースに体験展示!【東京オートサロン2020】
ヤリスGR4プレスカンファレンス
ヤリスGR4は全身アルミ&カーボン! オレの高齢者マークはどこに貼りゃいいの?《大井貴之のコレいいねぇ!その3.》【東京オートサロン2020】
ヴィッツCVT清水号
CVTを鍛え上げた清水和夫が、ヤリスCVTでWRCラリージャパンに参戦か!? と言いたい放談・後編【東京オートサロン2020】
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事