アイサイト・ツーリングアシストを全車標準装備。新しくなったバンパーデザインでルックスも変更【最新インプレッサ スポーツ】

●さらに賢くなったアイサイトを搭載。しなやかな走りも手に入れたインプレッサ

スバルの主力車種・インプレッサ。このモデルに先ごろ、大規模なマイナーチェンジが施されました。

インプレッサ スポーツ 4駆モデルはフルタイム式

その変更の大きなところとしては、従来はレヴォーグなどに搭載されていたアイサイト・ツーリングアシストを全車に標準装備したこと。

インプレッサ スポーツ インパネにはソフトパッドを多用

インプレッサ スポーツ 電動パーキングブレーキを採用

これはそれまでのアイサイトの機能を進化させたもの。たとえば従来は65km/h以上でのみアシストされていたステアリング操舵支援機能は、0km/hから対応と進化しています。

インプレッサ スポーツ

従来はステレオカメラで車線を読んで操舵支援を行っていましたが、今回は前方車両との位置関係把握による制御を超えたことで、この全車速対応を実現しています。

インプレッサ スポーツ 新たに60km/h以下でもステアリングアシスト

ちなみにこのアイサイトの作動状況を確認することができるメーター中央のマルチファンクションディスプレイや、インパネセンターのマルチファンクションディスプレイ表示は、ともに新グラフィックになっています。

インプレッサ スポーツ 前車を捉えてステアリングアシストにも活用

またスバル グローバル プラットフォームが持つ高剛性のボディを活かした走りとするため、サスペンション取り付け部剛性を上げるなどの改良をしました。

これによって従来よりもしなやかに走行を楽しめることができるようになっています。

インプレッサ スポーツ サスペンションもよりしっとりと動くようになった

外観ではフロントのバンパーのデザインを一新。水平方向に広い開口部を備えることで、低重心なルックを手にしています。

インプレッサ スポーツ バンパー部の形状が変更

今回試乗した、最高出力154psを発生するNAの2L水平対向4気筒エンジンに変更はありませんが、走らせてみると、改めてそのスムーズな吹け上がりに感心しました。

インプレッサ スポーツ 水平対向4気筒エンジン

またこれと組み合わされるトランスミッションのギヤトロニックと呼ばれるCVTには、アクセル開度が大きくなるとステップ制御に切り替わってダイレクト感あふれる加速をする『オートステップ変速』を備えるなどしてくれます。

これらが合わさったパワーユニットによって、1400kg(2.0i-S アイサイト4WDモデル)のボディを軽々と加速させてくれるのでした。

インプレッサ スポーツ 通常のトルク配分は前後6:4

(写真・動画・文/ウナ丼)

『SUBARU』の最新記事
冬の名物・SUBARUゲレンデタクシー2020の会場で「SUBARU冬のオフ会」が開催中!
STIパフォーマンスパーツを採用たインプレッサ スポーツに試乗。その仕上がりは?
新型レヴォーグSTI Sport(東京オートサロン)
最大熱効率40%超! スバル新型レヴォーグの1.8Lターボエンジンはリーンバーン採用で高効率を実現【SUBARU技術ミーティング】
SUBARUが2020年代前半にトヨタのTHSを使ったストロング・ハイブリッドを搭載へ。アイサイトはAIを使用
2.0Lモデルは「e-BOXER」に統一。10%のモーターアシストと2つの新モードを擁する「X-MODE」で悪路走破性を向上【SUBARU XV試乗記】
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事