380psにパワーアップ! 新型ポルシェ・マカンGTSに込められた数々の魅力とは?

■20インチホイールなど熱い走りを予感させる装備を満載

ダイレクトなレスポンスを発揮する2.9L V6ツインターボエンジン(380ps/520Nm)を新たに搭載する新型「マカンGTS」。

先代比で20psのパワーアップを図っており、新開発「PDK」(デュアルクラッチトランスミッション)、オプションの「スポーツクロノパッケージ」装着車では0-100km/h加速4.7秒という俊足ぶりを発揮、最高速度は260km/h以上に達するとみられています。

新型ポルシェ「マカンGTS」

「PDLS」(ダイナミック ライト システム)を組み込んだLEDヘッドライトを標準装備しており、フロントエプロンには最適な冷却をもたらす大型エアインテークを組み込むなど、パワフルな印象を強調。

熱い走りを予感させるサテンブラック仕様の20インチホイールや、その奥に備わる赤いブレーキキャリパーも迫力のある外観に一役買っています。

サテンブラック仕様の20インチホイール

マットブラック仕上げのサイドブレードには「GTS」ロゴがあしらわれており、リヤ廻りではブラック仕上げのディフューザー、スポーツテールパイプが目を引きます。

ブラック仕上げのディフューザーが迫力!

インテリアでは、GTS専用のフロントシートや左右リアシートのヘッドレストに「GTS」ロゴがあしらわれており、シートセンターやコンソールリッド、ドアアームレストなどに滑りにくいアルカンターラを採用。

シートセンターなどに滑り難いアルカンターラを採用

また新型では電子制御ダンパーシステムである「PASM」(アクティブ サスペンション マネジメントシステム)を標準装備しており、車高を15mm低く設定。これにより、卓越したハンドリング性能が得られると言います。

さらなる走りを追求したいドライバー向けには車高が10mm低くなるアダプティブ エアサスペンションも用意。「PASM」に加え、車高を一定に維持するセルフレベリング機能や最低地上高を必要な高さに設定するライドハイトコントロールも装備することで、いっそう優れた快適性とスポーツ性を実現しているそうです。

今後の新型「マカンGTS」の発売時期や車両価格が大いに注目されます。

Avanti Yasunori・画像:ポルシェAG)

【関連記事】

来春発売の「NSX」2020年モデルを一足先にチェック!【東京オートサロン2020】
https://clicccar.com/2019/12/11/937766/

400万円台で手に入る! ルノーの小粋なスポーツモデル「メガーヌ R.S. トロフィー」とは?
https://clicccar.com/2019/11/30/934735/

来夏発売予定のオープンカー「レクサス LCコンバーチブル」はこんなクルマ
https://clicccar.com/2019/11/25/933104/

レクサス「RC F」はサーキット走行にフォーカスした本気のスパルタンマシン!
https://clicccar.com/2019/11/19/931257/

クルマ好き垂涎の限定モデル「メルセデスAMG A 35 4MATIC Edition 1」が登場
https://clicccar.com/2019/10/25/923379/

【関連リンク】

ポルシェ マカン
https://www.porsche.com/japan/jp/models/macan/macan-models/

『ポルシェ』の最新記事
流行最先端の街、原宿でポルシェ・タイカンを文字通り「タイカン」してきた!
ポルシェ 718ボクスター
ポルシェ・ボクスター25周年を記念した「ボクスター25イヤーズ」は、400PSを誇る4.0L水平対向6気筒エンジンを搭載
ポルシェ 911 GT2RS
地球上最強のポルシェ911 GT2 RSに宇宙一頑固オヤジの清水和夫が酔いしれる!最強フラット6欲しい!!【SYE_Xアーカイブ】
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事