ブランド初のAWD。悪路対策がもたらしたしっとり乗り味が魅力【ヴェゼル モデューロX HV 4WD仕様】

●新車ラインで製造されるコンプリート車

ホンダ車をベースに専用の内外装と足回りをセットし、トータルセッティングしたコンプリートカーが「モデューロX」シリーズです。また、これはメーカーの新車量産ラインで架装される「公式」色が濃いという点にも注目です。

ヴェゼル モデューロ X HV 4WD
グリルやバンパーを変更

このシリーズに今回、ヴェゼルが新たにラインナップへと加わりました。

1.5Lターボエンジン搭載モデルをベースにした『ヴェゼル ツーリング モデューロX』と、1.5Lハイブリッドエンジンを搭載した『ヴェゼル ハイブリッド モデューロX』が正式名となります。また今回、シリーズ初となる4WDモデルが設定されたこともニュースです。

ヴェゼル モデューロ X HV 4WD
サイドシルガーニッシュはブラックになります

この1.5Lハイブリッド4WD仕様に実際に触れることができましたので報告します。

ヴェゼルのモデューロXでは、空力的に実際に効果のある造形の前後バンパーを採用するほか、オリジナルホイールを装着するなどして標準モデルとの外観差別化が図られています。

ヴェゼル モデューロ X HV 4WD
リヤバンパースポイラーも専用品

インテリアでもフロントシートには独自骨格の専用シートを採用しました。

ヴェゼル モデューロ X HV 4WD
質感高いインパネまわりは標準モデルと一緒

これはヘッドレスト一体式のものとなっています。表皮はプライムスムースとラックススウェードとしました。

ヴェゼル モデューロ X HV 4WD 前席
ヘッドレスト一体式の専用シート

またリアシートに関しても表皮をウルトラスウェードと合成皮革を使ったものに一新しています。

表皮が変更されたリヤシート

実際に試乗してみると、モデューロX専用のサスペンションが与えられたことでの変化は直進でも確認できます。

ヴェゼル モデューロ X HV 4WDフロントサス

スプリングやショックアブソーバーがソフトの方向に振られたわけではないはずなのに、乗り心地が良くなっているのです。

ヴェゼル モデューロ X HV 4WD リヤサス

路面の細かな段差に対しても丁寧にサスペンションが対応しているようで、車両姿勢が安定しているのがわかります。

また、コーナリング時にステアリングを切ると、非常に滑らかに車体が反応してごくごく自然に曲がっていくことが実感できます。これは「電動パワーステアリングのシステム変更を行ったのかな?」と思わせるほどの違いがありますが、開発者に聞くと標準と全く同じとのこと。

かなり綿密にサスペンションのチューニングが行われたのだろうなと推測できます。

ヴェゼル モデューロ X HV 4WD
ステアリングフィールに大きな違いが出ました

もともとモデューロXシリーズでは標準モデルに対して滑らかな乗り味になることが特徴ですが、このヴェゼル ハイブリッド4WDをベースとした仕様では、そこにさらにチーズを投入したような、より濃厚かつクリーミーな味付けになっています。

これ、実は開発スタッフが意図したもの。

ガソリンとハイブリッドの各FFモデルではより先鋭化したスポーティなセッティングにした一方で、この4WDモデルでは雪上走行をすることなども踏まえ、尖りすぎないセッティングにしたそう。FFモデルが18インチのホイールを履くのに対し、あえて17インチとしているのも、この(相対的には)穏やかな乗り味を目指してのことでした。

繊細に動くサスペンションとホイールによって、スポーツ性というよりも高級感をプラスしたような印象のヴェゼル ハイブリッド モデューロX 4WD。価格は361万7900円となります。

(写真・動画・文/ウナ丼)

『ホンダ・ヴェゼル』の最新記事
ホンダ ヴェゼル
わずか209台差! ホンダ・ヴェゼルが2019年SUVナンバー1の座を獲得
ステアリングフィールに明確なスポーツ性あり【ヴェゼル モデューロ X 1.5Lターボ】
ヴェゼルモデューロX
開発者がこだわり抜いたモデューロX初の専用フロントスポーツシートが最高!憧れのヴェゼル モデューロXに試乗
大人のスポーティが味わえる「モデューロX」がホンダ・ヴェゼルに新登場【新車】
【ホンダ・ヴェゼル1.5Lターボ試乗】高速道路で真価を発揮する「ツーリング」の名に恥じない気持ちのいい走り
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事