三菱自動車が新型エクスパンダー クロスをラインナップに追加。インドネシアから発売開始【新車】

三菱 エクスパンダー クロス

●SUVらしさとMPVならではの使い勝手を向上させたエクスパンダー クロス

三菱自動車は2019年11月12日、アセアン諸国で人気のMPVである「エクスパンダー」のシリーズに、新型「エクスパンダー クロス」を追加し、インドネシアで翌日より販売開始すると発表しました。

三菱 エクスパンダー クロス
三菱自動車「エクスパンダー クロス」の外観

ベース車のエクスパンダーは、2017年に販売が開始され、2018年度には約104,000台を売り上げ、三菱自動車で4番目の販売実績を誇っているそう。新モデルはSUVらしさを引き上げ、ワイルドなデザインや実用性のニーズが高いアセアン地域のユーザーに新たなる価値を提案するモデル。

エクスパンダー・シリーズの最上位モデルとなる新型「エクスパンダー クロス」は、SUVならではの力強さ、高い走行性能と快適な乗り心地を実現し、さらにエクスパンダーをベースにしたMPVならではの使い勝手、広い室内空間も兼ね備えています。SUVを得意とする三菱自動車らしいを新型クロスオーバーMPVに仕立てられています。

三菱 エクスパンダー クロス
三菱「エクスパンダー クロス」のリヤビュー

外観で目を惹くのは力強いフロントマスクで、ダイナミズムと力強さをバランスさせたという、最新の「ダイナミックシールド」フロントデザインコンセプトを採用。また、SUVらしい堅牢さを際立たせるため、バンパー下部には専用スキッドプレートが装着されています。

リヤビューでは、リヤウインドウの下にグロスブラックのテールゲートフィニッシャーが配置され、バンパー下部にはフロントデザインと同調する大型スキッドプレートが組み合わされています。

ブラックのホイールアーチモールディングが追加されたサイドビューは、50mm広くなった全幅と前後モールディングを繋ぐようにドア下部へ追加したブラックのドアガーニッシュによりSUVらしい堅牢性を演出。また、大径17インチタイヤと新デザインのアルミホイールが採用され、高くなった車高もあり、よりSUVらしさが強調されています。さらに、ルーフキャリアの装着を容易にするシルバーのルーフレールを追加。

三菱 エクスパンダー クロス
三菱「エクスパンダー クロス」のインパネ

走破性も高められていて、ベース車のエクスパンダーよりも20mm車高を高め、クラストップの最低地上高となる225mmを確保。また、パワートレインは、エクスパンダーと同様、「4A91」型の1.5Lガソリンエンジンが搭載され、トランスミッションは4速ATと5速MTが用意されています。同エンジンは、既存の4A9シリーズを強化したもので、静粛性と燃料効率が向上したそう。さらにエンジンだけでなく、高性能の吸音材と防振材を使用することにより、高い静粛性を実現。

三菱 エクスパンダー クロス
三菱「エクスパンダー クロス」の3列シート

3列シートのキャビンは、2列目(60:40分割)、3列目(50:50分割)の背もたれが簡単な操作で折りたためるようになっています。大きな荷物を積む場合には、2列目と3列目のシートを折りたたみ、段差や隙間のないフラットで広大な積載スペースを作ることができます。

(塚田勝弘)

『三菱自動車』の最新記事
三菱自動車が新型MPVのエクスパンダー クロスをフィリピン、タイで発売開始
クラストップレベルの広さと先進安全装備を備えた、新型eKスペース/eKクロス スペースが登場【新車】
ルノー日産三菱アライアンス
三菱が「117.6億円の赤字」を発表し、ルノー日産三菱アライアンスの未来はどうなる?【 週刊クルマのミライ】
ディーゼルエンジン
三菱自動車がディーゼル不正の疑いでオランダ当局から捜査。日本のデリカD:5とエクリプスクロスは大丈夫か?
アウトランダー PHEV
三菱自動車が東京都港区と災害時協力協定を締結
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事