予選ポイント取りこぼしでチャンピオン争いに大激震! 最終戦もてぎの予選は驚きの結果に【SUPER GT2019】

●ランキング2位がQ1落ちの波乱の展開

11月2,3日にツインリンクもてぎで開催の「2019 AUTOBACS SUPER GT Round8 MOTEGI GT 250km RACE」。11月2日はその予選が行われました。

McLaren 720S
McLaren 720S

GT300クラスのポールポジションは参戦以来初めてのポールポジションとなった720号車 McLaren 720S。

GAINER TANAX GT-R
GAINER TANAX GT-R

予選Q1でトップタイムをマークしたのは11号車 GAINER TANAX GT-Rですが、その予選Q1の最中に大きな番狂わせがありました。

K-tunes RC F GT3
K-tunes RC F GT3

シリーズランキング2位の96号車 K-tunes RC F GT3がQ1のアタックラップに入る前に最終コーナーでコースアウト! 何とか自力でコースに復帰するもタイムは思うように伸びずにQ1で脱落ということになってしまいます。

ARTA NSX GT3
ARTA NSX GT3

予選Q2ではランキングトップのARTA NSX GT3が1分46秒304でランキングトップの意地を見せつつも、その後にコースレコードを塗り替えてきたのがMcLaren 720Sのアレックス・パロウ選手。

McLaren 720S
McLaren 720S

前週に開催されたスーパーフォーミュラ最終戦鈴鹿でもポールポジションを獲得するなど、急激に速さを見せ始めたパロウ選手が自身とMcLaren 720SにとってのSUPER GT初のポールポジションを獲得しました。

ポールを喜ぶ荒 聖治選手とアレックス・パロウ選手
ポールを喜ぶ荒 聖治選手とアレックス・パロウ選手

ピットに戻ったパロウ選手は待っていた荒 聖治選手に飛びついて喜びを露わにします。

荒 聖治選手とアレックス・パロウ選手
荒 聖治選手とアレックス・パロウ選手

オートポリス戦ではあと少しで優勝という強さを見せたMcLaren 720S。最終戦もてぎではどんな走りを見せてくれるのでしょうか。

リアライズ 日産自動車大学校 GT-R
リアライズ 日産自動車大学校 GT-R

また予選2位はリアライズ 日産自動車大学校 GT-Rが入ります。しかしポールポジションを獲得しなければチャンピオン争いから脱落というポイント差であったために悔しさが募ります。

LEON PYRAMID AMG
LEON PYRAMID AMG

予選3位にはLEON PYRAMID AMGが入りました。

予選終了時点でランキングトップのARTA NSX GT3は予選5位。ARTA NSX GT3の前にチャンピオン争いで絡むライバルはいません。ARTA NSX GT3はチャンピオンにまた一歩近づいた、というカタチとなった予選です。

決勝レースはスプリントレースともいえる250㎞。タイヤ無交換作戦を考えるチームもあることを考えると、大きなドラマが潜んでいるとも言えます。その決勝レースは3日の13時30分にスタートです。

(写真:松永和浩、高橋秀彰 文:松永和浩)

『スーパーGT』の最新記事
予選13位からの大逆転! 第4戦もてぎでLEON PYRAMID AMGがタイヤ無交換で優勝【SUPER GT 2020】
スーパーGT2020第5戦チケット販売_01
サーキットで久々に生の迫力が楽しめる!スーパーGT観戦入場券が9月17日から販売開始
スーパーGT_Rd4_決勝_01
KEIHIN REAL RACINGが独走で今季2勝目を獲得!【SUPER GT 2020】
スーパーGT_Rd4_予選_01
起死回生のZENT GR Supra、立川祐路選手が記録更新でポールポジションを獲得!【SUPER GT 2020】
RUNUP RIVAUX GT-R
ポールは驚きのあのマシン!雨に翻弄されながらも順位が目まぐるしく変わった第4戦もてぎの予選【SUPER GT 2020】
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事