WRX STI EJ20ファイナルエディションの足回りやエンジンをチェック【東京モーターショー2019】

●名機・EJ20を新車で味わう最後のチャンス「WRX STI EJ20 Final Edition」

SUBARUの名機EJ20型の最後を飾る「WRX STI EJ20 Final Edition(以下ファイナルエディション)」の足回りとエンジンにスポットを当てて見ていきましょう。

BBS19インチゴールドホイール
ファイナルエディション専用の19インチBBSホイール(ゴールド塗装)

足回りは、BBS製19インチのゴールドタイプでWRブルーのボディカラーをチョイスした場合、往年のラリーカーを彷彿とさせるカラーコーディネートといった印象を受けます。ブレーキはシルバーのブレンボ製キャリパーを前後に装備。

ステアリングギアレシオは標準モデルと同じ13:1で、サスペンションもベースモデルと同じくビルシュタイン製ダンパー+標準コイルスプリングに組み合わせとなっており、カリカリのスポーツ寄りではなく、乗り心地の良さと走りの楽しさをバランス良く合わせたベースモデルの良さを味わえる仕上がりになっています。

EJ20ファイナルエディション専用エンジン
バランス取りされたEJ20ファイナルエディション専用エンジン

気になるパワーユニットは、バランスドエンジン、バランスドクラッチカバー&フライホイールと特別なタイプが装備されています。

最高出力は227kW(308PS)7200/rpm・最大トルク422N・m(43.0kgf・m)/4400rpmとベースモデルと同じ数値ですが、バランス取りされている点で、EJ20のもつ気持ちのよいフィーリングがより楽しめる仕様といえそうです。

EJ20ファイナルエディション専用プレート
エンジンルーム内に添えられるファイナルエディション専用プレートが誇らしい

スペシャルモデルでありながら、スパルタンすぎず、最後を飾るにふさわしい”素”のEJ20を存分に満喫できる仕様となっています。ベースモデルには用意されていない特別な装備が多く設定されている部分はスバルファンにはたまらない1台となっています。

限定555台のファイナルエディションを購入するには、10月24日~11月11日の期間中にスバル販売店でのエントリーが必要で、エントリー数が限定台数を上回った場合は抽選となるそうです。

SUBARU史上最も愛された名機EJ20を存分に楽しめる「EJ20ファイナルエディション」。最新、最良のEJ20を手にする最後のチャンス!気になる方はぜひエントリーしてみてはいかがでしょう?

(井元 貴幸)

『東京モーターショー2019』の最新記事
東京モーターショー2019 アウト・オブ・キッザニア SUBARU
14歳以下の入場者が前回比で7割増し! 2019年大成功だった東京モーターショーは体験型に進化すべきだ【週刊クルマのミライ】
清水和夫
巨人VS.阪神みたいなライバル関係!? 時代をリードする企業「ボッシュ/横浜ゴム/コンチネンタル/ブリヂストン」を清水和夫が駆け足紹介!【東京モーターショー2019】
アウトオブキッザニア
アウトオブキッザニアのマツダブースで金型磨きを体験!【東京モーターショー2019】
アウトオブキッザニア
アウトオブキッザニアの日野ブースでトラックの注文制作を体験!【東京モーターショー2019】
アウトオブキッザニア
アウトオブキッザニアの三菱ブースでカーデザイン体験!【東京モーターショー2019】
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事