標準装備を充実させて、より快適に便利に。VWゴルフ・トゥーラン、シャラン、ティグアンが一部改良【新車】

●VWゴルフ・トゥーラン、シャラン、ティグアンの装備を充実化

フォルクスワーゲンは、2019年10月1日、ゴルフ・トゥーラン、ティグアン、シャランの一部改良を実施しました。今回の一部改良では、ゴルフ・トゥーラン、ティグアンに純正インフォテイメントシステム“Discover Pro”を、シャランにVolkswagen純正ナビゲーションシステム“716SDCW”を一部グレードに標準装備。

フォルクスワーゲン ゴルフ トゥーラン
一部改良を受けたコンパクトミニバンのゴルフ・トゥーラン

さらに、ゴルフ・トゥーランには、サンブラインド(リヤ左右)を一部グレードに標準設定とするほか、スマートエントリー&スタートシステム“Keyless Access”を「TDI Comfortline」に標準化、「TSI Comfortline」のアップグレードパッケージ(オプション)にも設定することで、快適性も引き上げられています。

ゴルフ・トゥーランの「TSI Comfortlineアップグレードパッケージオプション装着車」は、サンブラインド(リヤ左右)、スマートエントリー&スタートシステム“Keyless Access”、新デザインのアルミホイールを用意。

フォルクスワーゲン ゴルフ トゥーラン
コンパクトミニバンのゴルフ・トゥーランが装備を充実化

同じく、ゴルフ・トゥーランの「TSI Comfortlineアップグレードパッケージ」「TDI Comfortline」には、Volkswagen純正インフォテイメントシステム“Discover Pro”、ETC2.0対応車載器、モバイルオンラインサービス“Volkswagen Car-Net”(コネクティビティ機能“App-Connect”、テレマティクス機能“Guide & Inform)、リヤビューカメラ“Rear Assist”、サンブラインド(リヤ左右)、スマートエントリー&スタートシステム“Keyless Access”、新デザインのアルミホイールを装備

ゴルフ・トゥーランの「TSI Highline」「TDI Highline」には、純正インフォテイメントシステム“Discover Pro”、ETC2.0対応車載器、モバイルオンラインサービス“Volkswagen Car-Net”(コネクティビティ機能“App-Connect”、テレマティクス機能“Guide & Inform、リヤビューカメラ“Rear Assist”、サンブラインド(リヤ左右)、新デザインのアルミホイールが標準設定されます。

スポーティ仕様の「TSI R-Line」には、純正ナビゲーションシステム“716SDCW”、ETC2.0対応車載器、VTRケーブル/iPod/iPhone/USBデバイス接続装置が標準装備。

大型ミニバン、シャランの「TSI Highline」は、純正ナビゲーションシステム“716SDCW”、ETC2.0対応車載器、VTRケーブル/iPod/iPhone/USBデバイス接続装置が標準化されます。

フォルクスワーゲン シャラン
機能装備を強化したフォルクスワーゲン・シャラン

ディーゼルと4WDの組み合わせが人気のSUVティグアンは、「TSI Comfortline」「TDI 4MOTION Comfortline」に純正インフォテイメントシステム“Discover Pro”、ETC2.0対応車載器、モバイルオンラインサービス“Volkswagen Car-Net”(コネクティビティ機能“App-Connect”、テレマティクス機能“Guide & Inform)が標準設定されます。

フォルクスワーゲン ティグアン
機能装備などを充実させたSUVのティグアン

ゴルフ・トゥーランの価格帯は、2,999,000円〜4,499,000円。ティグアンは、3,998,000円〜5,399,000円。シャランは3,749,000円〜5,296,000円です。

(塚田勝弘)

『フォルクスワーゲン』の最新記事
フォルクスワーゲン ティグアン
フォルクスワーゲン・ティグアンは、SUV3兄弟の中で最も重厚感と高級感のある乗り味が魅力
フォルクスワーゲン T-Roc
2Lディーゼルエンジンを積むT-Roc、T-Crossよりも若干マイルドな足まわりが印象的
フォルクスワーゲン T-Cross
T-Crossとポロとの違いは? 全高を高めて狭い道路、駐車場事情での扱いやすさがアップ
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事