最速ワゴンがデザイン大幅改良へ! メルセデス・ベンツ「AMG E63」のプロトタイプをキャッチ

メルセデス AMG E63 ステーションワゴン外観_001

●ライバルを圧倒するスペックと装備。「AMG E63 ステーションワゴン」の改良型が開発中

メルセデス・ベンツのミッドサイズワゴン「Eクラス ステーションワゴン」の頂点に君臨する、「AMG E63 ステーションワゴン」改良型プロトタイプをカメラが初めて捉えました。

メルセデス AMG E63 ステーションワゴン外観_003
メルセデス AMG E63 ステーションワゴン 改良型プロトタイプ

メルセデス・ベンツには「C43/C63 ステーションワゴン」や「CLA35/45/45 Sシューティングブレーク」など、多数のパフォーマンスワゴンが存在しますが、その最強モデルが「E63ステーションワゴン」です。第5世代である現行モデルは2016年に発売されており、これが初の大幅改良となります。

メルセデス AMG E63 ステーションワゴン外観_004
メルセデス AMG E63 ステーションワゴン 改良型プロトタイプ

キャッチした開発車両はフロント&リアエンドにカモフラージュが施され、エクステリアを中心に大掛かりなデザイン変更が予想されます。パナメリカーナグリルや同社最新デザインであるブーメラン型LEDデイタイムランニングライトを装着するほか、テールライトのグラフィックを刷新されるでしょう。またルーフスポイラーやクワッドエキゾースシステム、ディフューザーの修正も今後着手されるかも知れません。

パワートレインは、4.0リットルV型8気筒ツインターボエンジンを搭載、「E63」では最高出力571ps、「E63 S」では最高出力612psを発揮しますが、改良型で若干パワーアップがなされる可能性もあります。ライバルのアウディ「RS6アバント」やアルピナ「B5ツーリング」同等以上に広く、快適で、豪華で、テクノロジー満載で、高速であるワゴンにさらに磨きがかかりそうです。

メルセデス AMG E63 ステーションワゴン外観_002
メルセデス AMG E63 ステーションワゴン 改良型プロトタイプ

またキャビン内では、再設計されたステアリングホイール、アップデートされたタッチパッドと最新バージョンのMBUXシステムを搭載するのは間違いないでしょう。

ワールドプレミアはベースモデルの改良型が発表後、2020年3月のジュネーブモーターショーと予想されます。

(APOLLO)

『Scoop』の最新記事
ポルシェ 911 GT3ツーリング外観_006
新型ポルシェ 911に設定されるGT3ツーリングは「記録」より「興奮」を選んだ車
ダッジ チャージャー SRT外観_002
「悪魔」を移植!? ダッジ チャージャーSRTヘルキャットのモンスターカスタムを11月に公開
ランボルギーニ エストック外観_005
ランボルギーニ初の4ドアEV発売の可能性。プラットフォームをポルシェ タイカンと共有
ランボルギーニ アヴェンタドール外観_003
ランボルギーニ最後のピュアV12は「SVR」か? 830馬力、究極のアヴェンタドールが年内登場の噂
スズキ ジムニー 5ドア
お待たせ!スズキ ジムニー初の5ドアモデル、2022年に登場か!?
メルセデス AMG E63 ステーションワゴン外観_001
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事