日産・セレナをポップアップルーフ化した、日産ピーズフィールドクラフト「セレナP-SV」【最新キャンピングカー(バンコン編)】

セレナP-SV

●使いやすいサイズの日産・セレナにポップアップルーフを架装

商用ワンボックスではなく、乗用ミニバンをキャンピングカー(キャンパー化)したモデルも人気を集めています。現在のキャンピングカーは、8ナンバーが取得できるようなキャンピング関連装備を備えたモデルと、車中泊に割り切ったモデルや、「移動+仮眠」「移動+積載+仮眠」など多様化するニーズに応じてバラエティに富んだ仕様が増えています。

セレナP-SV
ポップアップ内に2人が就寝できる

日産プリンス東京販売直営店の日産ピーズフィールドクラフトは、日産車をキャンピングカー化するスペシャリスト。

「ポップルーフ・スリーピングバージョン」を意味するP-SVを車名に冠した「セレナP-SV」は、マイナーチェンジ前のセレナ(2019年9月現在)をベースにポップアップルーフを架装。ポップアップルーフ内に2人、シートを展開(座席を倒して展開するアンダーベッド/オプション)することで、車内に2人がゆったり就寝できる車中泊仕様。

セレナP-SV
オプションのアンダーベッドを使えば車内にも2人が就寝可能

ポップアップルーフは、寒い時などのフルクローズ、暑い日のハーフオープン(メッシュ)、雨の日のレインカバーにより季節や天候に応じてテントの状態を選択できます。

そのほかエアコン(デュアル)、リヤクーラー、テーブルを標準装備。さらに、遮光カーテン、105Aのサブバッテリー、サイドオーニング、FFヒーター、インバーター、外部電源、後席モニター、ポータブル冷蔵庫など豊富なオプションを設定。

セレナP-SV
サブバッテリーなどを床下に配置することもできる

駐車時には全高に気をつける必要があるものの、全長4770×全幅1740×全高1980mmという扱いやすいサイズで、オンタイムとオフタイムを1台でまかなえる人気モデルになっています。オプション装備により価格は変わりますが、展示車両の価格は455万円(税抜き価格)です。なお、ベースグレードは2WD/4WD、2.0Lガソリン、e-POWERが設定されていて、ニーズに応じて選択できます。

(文/写真 塚田勝弘)

『キャンピングカー』の最新記事
常設ベッドを備えた夫婦やファミリー向けで、日常使いしやすい4ナンバー登録「backpacker」【最新キャンピングカー(バンコン編)】
スマイルファクトリー・オフタイムトラベラー3
大人2人+子どもの就寝も可能にする上下2段ベッドを備えた人気軽キャンパー【最新キャンピングカー(軽キャンパー編)】
ピーズ リラクス
「軽キャンパー以上・ハイエース未満」を埋める、日産 NV200バネットの「ピーズ リラクス」【最新キャンピングカー(バンコン編)】
全長4.7m、全幅1.7m以下でも4人家族がゆったり就寝できるバンテック新潟「Diario Van Type-1」【最新キャンピングカー(バンコン編)】
人気の軽キャンパー「ネクストキャンパー」が新型スズキ・エブリイに対応。ニーズに応じて4タイプから選択できる
セレナP-SV
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事