兄貴分のゴルフGTIを凌ぐ、320馬力の「ヤバ過ぎる」VW ポロを独チューナーが初公開

VW ポロ GTI チューニング_003

●チューン総額は約250万円。ノーマル比150%アップの過激チューン

ドイツ・オッテンベッカーを拠点とする「Siemoneit Racing」は、VWの中核を担うコンパクトモデル「ポロ」を過激チューニングしたモデルを初公開しました

VW ポロ GTI チューニング_003
Siemoneiot RacingによるVW ポロGTI チューニングカー

「ポロGTI」をベースとしたこのカスタムカーは、GTIの2.0リットル直列4気筒TSIエンジンを搭載、ターボチャージャーやアップグレードされたエキゾーストシステム、空気誘導システムを備えた新しいインタークーラーを取り付けることによって最高出力は200psから320psへ、最大トルクは320Nmから430Nmへ一気に強化されます。

現在兄貴分「ゴルフ」は、高性能モデルの「GTI」を開発中ですが、その予想される最高出力300psをも超える過激チューンとなり、アップグレード価格には8,998ユーロ(約108万円)かかるといいます。

VW ポロ GTI チューニング_001
Siemoneiot RacingによるVW ポロGTI チューニングカー

さらにお金をかけたい顧客には、KWクラブスポーツ用サスペンション、Sabelt製シートベルト付きRECAROシート、ブラック・ベロアインテリア、ミシュランパイロットスーパースポーツタイヤ、18インチATSアルミホイール、後部座席を外してロールケージを装備するアップグレードパッケージを用意。こちらは11,630ユーロ(約140万円)かかります。

合計250万円とかなり高額ですが、0-100km/h加速が5.2秒から3.7秒へ、最高速度は256km/hと圧倒するパフォーマンスが保証されています。

(APOLLO)

『フォルクスワーゲン』の最新記事
2019年の「フォルクスワーゲン」ブランドは過去最高の630万台の新車販売を記録
フォルクスワーゲン・ポロの「セーフティパッケージ」に車線維持機能の「Lane Assist」を追加
フォルクスワーゲングループの年次記者会見が、新型コロナの影響でスタジオでの「Web会見」に
フォルクスワーゲンが新型Golf GTI、GTE、GTDの3台を発表【新車】
フォルクスワーゲン アイディ フォー
フォルクスワーゲンが電動SUVの「ID.4」とシステム出力462PSを誇る「トゥアレグ R」を発表【新車】
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事