フィアット・パンダに初のアバルト設定!? 200馬力の高性能モデルを大予想

●フィアット・パンダの新型モデルに初の高性能モデルが設定!?

フィアットの欧州Aセグメントモデル「パンダ」に、ハードコアモデルの設定が期待できるかもしれないという情報が入りました。

初代パンダは、ジウジアーロ率いるカロッツェリア「イタルデザイン」により開発され1980年に発売。2003年には23年ぶりに2代目が登場、2011年には現行モデルである3代目へバトンタッチされています。

意外にも、39年という長い歴史においてホットモデルは設定されていません。唯一2007年に1.4リットル直列4気筒DOHCエンジンを搭載し、最高出力100psを発揮するスペシャルモデル「100HP」が設定されましたが、3代目である現行モデルでは製造中止とされています。

今回予想CGを提供してくれたのは、デザイナーのMatthew Parsons氏です。現行モデルをベースに「100HP」後継モデルとなる「200HP」を制作してくれました。ワイド化されたホイールアーチ、フロントバンパーにはマルチスポークブラックアロイ、フロントディフューザーが装着されかなり攻撃的なフロントエンドが見てとれます。

ボンネットフードの下には、Abarthチューンされた1.4リットル直列ガソリンターボエンジンの搭載も期待され、最高出力は200psを発揮することが可能です。

フィアットは、今後数年の間に「パンダ」次期型を投入します。新型モデルでは電動化されたパワートレインに適応することができる新世代プラットフォームも期待されており、パフォーマンス向上は濃厚です。現行モデルへのホットモデル設定は可能性が低いですが、次期型への期待は膨らみます。

(APOLLO)

この記事の著者

APOLLO

APOLLO 近影
アポロニュースサービス代表取締役。1965年東京生まれ・世田谷区在住。通信社を経て1996年に独立、レンタルポジ&ニュース配信会社アポロニュースサービスを設立した後、2016年にはカーメディア「Spyder7」編集長に兼任、多数のメディアへ新車スパイショット配信も手掛けております。通信社入社と同時に新車スクープに関わり、これまで35年間、新型モデル開発を追い続け、現在は新車スクープ原稿を年間800本以上執筆、日本で一番新車スクープ記事を書く男としてギネス申請中!?