「ウニコ」はフランクフルトでデビュー! ランボルギーニの新型ハイブリッドは3基のモーターで1,000馬力を発揮か?

●ついに登場するランボルギーニ・ウニコ。パワートレーンはハイブリッド? フルEV?

昨年から噂のあるランボルギーニの新型ハイパー・ハイブリッドカー「ウニコ」(コードネームLB48H)が、9月10日開催のフランクフルトモーターショーで初公開されることがわかりました。

ただし一般には公開されず、顧客向けのみのプレビューとなる可能性もあるようです。最新情報によると、パワートレインは6.5リットルV型12気筒NAエンジン+電気モーターのハイブリッドが有力とされる一方、3基の電気モーターを搭載し、システム合計の最高出力は1,000psを発揮するプラグインハイブリッドとも噂されています。

以前、ウニコとは別に1,000ps級のモデルを計画している可能性をお伝えしましたが、どうやらウニコ自身の性能であることがわかりました。

エクステリアは、同社初のエレクトリックモデル「テルツォ・ミッレニオ」からインスパイアされたデザインが予想されており、価格は250万ドル(約2億7千万円)ながらすでに完売、プレミア価格となっている可能性もあるようです。

(APOLLO)

『Scoop』の最新記事
アウディ A8_004
アウディA8改良型、デジタルOLEDテールライトを初装備
フォード モンデオ_002
目指せレガシィ アウトバック!? フォード モンデオ次期型、新クロスオーバーは「Evos」か?
ベントレー ベンテイガ_006
グローバルモデルとして発売の可能性も。ベントレーSUV「ベンテイガLWB」、ウィンターテスト開始!

あなたにおすすめの記事

この記事もよく読まれています