「SUZUKA 10H」賞金総額は1億円! 初開催のレーシングカーによる公道パレードも!!【鈴鹿10時間耐久レースの魅力②】(PR)

◾️世界中のチームが集結! 参戦台数昨年超え!!

GT300、GT3マシンの〝世界一〟を決める「鈴鹿10時間耐久レース」。IGTC(インターコンチネンタルGTチャレンジ)の一戦となっていることから、世界中から注目を集めているレースのひとつです。

初開催となった昨年度は35台参戦しましたが、今年はなんとこれを超える勢い! 日本、イギリス、香港、中国、オーストラリア、ニュージーランド、ドイツ、台湾、イタリア、ベルギーといった様々な国のチームを惹きつける理由とは? イベント情報とあわせてお伝えします!!

■賞金総額1億円!

私達ファンにとって世界各国のGT300、GT3マシンの白熱したバトルを見ることができるのが「鈴鹿10時間耐久レース」の最大の魅力ですが、実は参戦チームを惹きつけるものがあるのです。

それが賞金。なんと、総額1億円! 内訳は優勝3000万円、2位1500万円、3位800万円。ちなみに日本の最高峰フォーミュラレース、スーパーフォーミュラは1位400万円、2位200万円、3位100万円(2017年情報)と桁違いなのが分かりますよね。

さらに様々な賞が用意されているのもこのレースの面白いところで、ポールポジション賞や各賞の条件に満たしたトップ3チームにも賞金が贈呈されます。

【アジア賞】ドライバー3名のうち、2名以上がアジア地域の国籍を所有するチーム(オーストラリア、ニュージーランドは対象外)

【SGT賞】2019年SUPER GTシリーズに公式登録しているエントラント。SGT現役参戦車両ではない場合も対象となる。

【スパ鈴鹿賞】2019年スパ24時間と鈴鹿10時間の合計周回数が最も多かったチーム。2019年スパ24時間出場チームが対象。

【S耐賞】STO(スーパー耐久機構)が認定するスーパー耐久シリーズポイント対象車両

好きなチームがどの条件に満たされているかチェックしながら観たら、応援にさらに力が入りそう!

各賞のトップ3チームを予想するのも面白いかもしれませんね。

『鈴鹿サーキット』の最新記事
鈴鹿サウンドオブエンジン
トヨタ85CL、ニッサンR86V、マツダ767B! 今も語り継がれる「グループCカー」の魅力を高橋二朗さんに聞いた!【SUZUKA Sound of ENGINE2019】(PR)
鈴鹿サウンドオブエンジン
伝説の6輪F1「Tyrrell P34」はタイレル? ティレル? その読み方と走りを小倉茂徳さんに聞いた!【SUZUKA Sound of ENGINE2019】(PR)
灼熱の鈴鹿は新観戦エリアが超快適!若者にチャンス「ルーキードライバー」必見の超豪華招待キャンペーンとは?【鈴鹿10時間耐久レースの魅力③】(PR)
カワサキワークスチームの記念撮影
前代未聞の逆転劇!なぜ鈴鹿8時間耐久レースの優勝チームはヤマハではなくカワサキだったのか?
F1チャンピオン、ミカ・ハッキネン降臨! 国内、海外レースチャンピオンが多数参戦のSUZUKA10Hに大注目!!【鈴鹿10時間耐久レースの魅力①】(PR)
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事