【YOKOHAMA GEOLANDAR X-CV & AUDI Q5試乗】明らかに乗り心地よく、ヨレ感もない…新SUV用タイヤ「横浜ゴム ジオランダー X-CV」の真価とは?(PR)

ジオランダーX-CVを装着したアウディ

YOKOHAMA GEOLANDAR X-CV
横浜ゴム ジオランダー X-CV

●SUVに求められるタイヤの条件とは

今やベーシックなクルマといえば、SUVが常識化されてしまったのは間違いありません。その昔であれば、ステーションワゴンがそうであったように、普段使いから遠出までオールマイティに、しかもSUVであれば多くの荷物を積めるのですから、人気を博すのも無理はありません。自動車メーカーもその需要拡大に伴い、豊富なラインナップを用意するどころか、高性能モデルまでを揃えるに至っています。それを象徴するかのようにメーカー自身もSUVの悪路性能はそこそこに、むしろ快適性能を最優先に考え、造られているほどです。

ジオランダーX-CVを装着したアウディ
ジオランダーX-CVを装着し新名神を走るアウディQ5

しかし、そこで重要となるのは、SUVゆえの車両重量。従来のセダンやワゴンと比べれば、自ずと重くなってしまいます。もちろん、自動車メーカーも軽量化策には熱心ですが、それでも決して軽いとは言えないでしょう。そして、この重量に対してもっとも負荷がかかるのが、言わずもがなタイヤです。特にSUVとなれば、重い車両を“支える”ことに加え、“快適性”と“安定&安全性”が求められます。使用用途も買い物から旅行までこなせるのが昨今のSUVの使命であることもあり、タイヤに求められる条件は山ほど課題が挙げられているのが実情です。

ジオランダーX-CVの装着例
横浜ゴム ジオランダーX-CV

●適度な剛性感が印象的な「GEOLANDAR X-CV」

今回、そんなことを思いながら話題の新作タイヤ、横浜ゴムの「GEOLANDAR X-CV」を試すことにしました。このGEOLANDAR X-CVは、最近、横浜ゴムが力を入れている高速時のウエット性能と剛性感、安全性能と耐摩耗性能に注力した商品。さらに18~22インチと大型SUVにも対応できる快適性を優先しているとあって、実のところ気になっていた存在でした。今回、よい機会だと思い、アウディQ5に履かせてドライブに出かけたのですが、最初から思わぬ印象を与えてくれました。

ジオランダーX-CVの装着例
横浜ゴム ジオランダーX-CV

まずはアタリの柔らかさ。段差を超えてもソフトに吸収する印象で、ノーマルタイヤよりも明らかに乗り心地がよく、しかも、この手のタイヤにありがちなヨレ感もみられません。高速道に乗って、それなりの速度で走行しても同様の印象ですが、今度はそこにしっかりとした感触が加わります。前後235/60R18という、最近にしてはハイトの高いサイズですが、それでもこの乗り心地とフィーリングは好印象。耐荷重を優先するあまり、ノーマルタイヤの場合はどうしても硬さを伴うものが多いのですが、このGEOLANDAR X-CVにはそうした印象が一切みられないのはいい意味で意外でした。

ジオランダーX-CVを装着したアウディ
ワインディングでもドライブフィールはしなやか

●アタリが柔らかくも安定性が際立つ

しかも峠道などでは、コーナーをクリアする際にも安定感が高いことを確認できます。サイドウォールを2プライ構造にして剛性を確保する一方、燃費性能も考慮してトレッド部を2層にした効果が現れている証しでしょう。ましてやどのシーンでもロードノイズや振動に悩まされることはないので快適そのもの。ちょっとしたダート路を走行しても悪い印象を与えないので、よほどこのことがない限り、道を選ばずに付き合っていけます。

ジオランダーX-CVを装着したアウディ
横浜ゴム ジオランダーX-CV

さらにトレッドパターンも接地圧を均一化したことで、センターからショルダーまでフラットな接地面を実現していることも加わり、アタリがしなやかながらも、どこかしっかりとした安心感が常に得られます。もちろん、こうしたアプローチは、燃費性能や偏摩耗にも対応し、結果的にも経済性に貢献するから、タイヤに対する信頼感は高くなります。

ジオランダーX-CVの走り
横浜ゴム ジオランダーX-CV

●雨天時における制動力も抜群!

今回のアウディQ5は、190ps&400Nmを発し、カタログ値で1,920kgという車重の持ち主です。その完成度の高さはいうまでもありませんが、それを相手にタイヤでしっかりと支える性能と安定感は、アフターで替えるだけの価値はあると思えたのは本当です。けっして派手なデザインではないものの、性能の高さは折り紙付きといっても差し支えありません。しかも横浜ゴム自慢のウエット性能も保証されたようなもの。撮影時こそ降られませんでしたが、雨天時における制動力には目を見張るものがあったことを最後に付け加えておきます。安心して付き合えるSUV用タイヤ、お勧めです。

REPORT/野口 優(Masaru Noguchi)
PHOTO/小林邦寿(Kunihisa Kobayashi)

【問い合わせ】
横浜ゴム 0120-667-520
アウディ ジャパン(車両協力) 0120-598-106

【関連リンク】
横浜ゴム
https://www.y-yokohama.com/

アウディ ジャパン
https://www.audi.co.jp/

【関連記事】

「サラッとした高性能を味わう旅」アウディA4 & 横浜ゴム ブルーアースGT AE51(PR)
https://clicccar.com/2019/04/20/748944/

ヨコハマ「アドバンHFタイプD」「G.T. SPECIAL」…横浜ゴムが進める「ホビータイヤ」とは?(PR)
https://clicccar.com/2019/06/04/837422/

伝統の『ヨコハマ G.T. SPECIAL』が復活。旧車の足もとをオシャレに演出するホビータイヤのホントの性能をチェック!(PR)
https://clicccar.com/2019/06/18/844477/

Sponsored by YOKOHAMA RUBBER CO., LTD

『横浜ゴム』の最新記事

ジオランダーX-AT ラプター 走り
アグレッシブなデザインからは想像できないオン-オフ性能を両立させた、横浜ゴム・ジオランダーX-AT
ジオランダーX-AT2本置き
かっこよくて乗り心地も上級。待っていたクロカンタイヤ、横浜ゴム・ジオランダーX-ATが登場
横浜ゴム「GEOLANDAR X-AT」が新登場。オフロードチューニングやドレスアップ向けのSUV・ピックアップトラック用タイヤ
コミュニティバス用オールシーズンタイヤ・横浜ゴム「LT751R」は耐摩耗・耐偏摩耗性能を向上
横浜ゴムがバリアフリー縁石に対応した低床バス専用リブラグタイヤ「507U」を新発売
ジオランダーX-CVを装着したアウディ
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事