ジムカーナで上位入賞を目的に開発されたダンロップ「DIREZZA β10」が新登場

2019年7月25日、住友ゴム工業は、DUNLOP(ダンロップ)ブランドのジムカーナ競技用タイヤ「DIREZZA β10(ディレッツァ・ベータゼロイチ)」を8月2日から発売すると発表しました。発売サイズは、255/40R18 99W、225/45R17 94V、205/50R16 91Vの3サイズで、価格はオープン。

ダンロップの「DIREZZA(ディレッツァ)」は、サーキット走行でラップタイム短縮を目指すユーザー向けのトップスポーツモデル「DIREZZA ZⅢ」、快適性も担保されたスポーツタイヤの「DIREZZA DZ102」、スポーツタイヤ「DIREZZA β02」など多彩なタイヤを用意しています。

新たに加わった「DIREZZA β10」は、モータースポーツのビギナーから全日本選手権まで幅広い層に愛好されている、ジムカーナ競技での上位入賞を目標に開発したハイグリップスポーツタイヤ。新開発の非対称パターンの採用とプロファイルやコンパウンドの最適化により、グリップ性能とコントロール性能に加えて耐摩耗性能を高い次元で実現したとしています。

(塚田勝弘)

『ダンロップ』の最新記事
コーナーや横風でもふらつかない!? ミニバン専用タイヤ・DUNLOP「エナセーブ RV505」が発売
住友ゴム工業がSUBARUのゲレンデタクシーの全車両にダンロップのスタッドレスタイヤを供給
【東京オートサロン2019】モータースポーツファン必見の「ダンロップ」「ファルケン」ブースに最新タイヤが登場
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事