メルセデス・ベンツ SLの次期型は2021年登場? ダイナミックな快適性を持つモデルに進化

●新たな開発車輌により、2シーターを継承する可能性も?

メルセデス・ベンツの2ドアオープンスポーツ「SL」の次世代プロトタイプをカメラが捉えました。

5月にも同じような開発車両を捉えていますが、同じようにまだ「Eクラス セダン」のテストミュールです。ただし微妙に変化も見られます。

極端に切り詰められたホイールベース、キャビン内のロールケージは同じですが、フェンダートリムや運転席側ドアハンドルがずれているほか、ナンバープレートも異なり、別のテスト車両であることは間違いありません。さらにこのプロトタイプには後部座席がないようです。

AMGのボスであるトビアス・ムアース氏は、SL次世代型は「AMG GT」と並行して設計されていることを明らかにしており、「MSA」(モジュラー・スポーツ・アーキテクチャ)に則るよう設定されています。これにより、開発時間や開発費が大幅に削減されるといいます。

さらに同氏は「次世代型ははるかにスポーティであり、クルーザーのようなダイナミックな快適性を持つ」と語っているほか、電動メタルトップがファブリックルーフへ変更されるという最新情報も入ってきています。また前回2+2シートレイアウトの噂をお伝えしましたが、後部座席が外されていることから、2シーターを継承する可能性もあるでしょう。

パワートレインは、3.0リットル直列6気筒ターボチャージャーエンジン、4.0リットルV型8気筒ツインターボエンジンをラインアップし、その両方でプラグインハイブリッドとマイルドハイブリットが設定され電動化の強化も予想されています。

ワールドプレミアは、最速でも2021年となりそうです。

(APOLLO)

『Scoop』の最新記事
アウディ Q5内観_002
ディスプレイが大きくなった! アウディ Q5改良型のコックピットを撮影成功
フィアット 500外観_001
フィアット500、ハッチバックとカブリオレが生産終了の噂。新型はEVモデルに移行?
ブガッティ シロン外観_002
490.48km/hの世界最速モデル。ブガッティ「シロン ロングテール」市販化へ!
メルセデス AMG GT R ブラックシリーズが外観_003
究極のメルセデスAMGがニュルを疾走。「GT R ブラックシリーズ」の最新プロトタイプをキャッチ
BMW X2 PHV外観_003
BMW X2初のPHEVモデルをスクープ! システム合計220馬力を発揮
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事