【新型ホンダN-WGN登場】N-BOXに迫るヒットモデルになるか? 注目の価格は127万4400円〜179万3880円

●ホンダ新型N-WGNの見どころは荷室にあり!

ホンダの軽自動車であるNシリーズは、軽スーパーハイトワゴンのN-BOXがここ数年、登録車を含めて最も売れているモデルになっています。軽ハイトワゴンのN-WGNは、販売面では同クラスで3強の日産デイズ、ダイハツ・ムーヴ、スズキ・ワゴンRの後塵を拝していました。

このようなN-BOX(N-BOX SLASH含む)頼みという状況を打破すべく投入されるのが、新型N-WGNです。

約5年半ぶりの登場となる新型N-WGNは、2代目N-BOXに続くヒットモデル当確!! と太鼓判を押せる高い完成度になっています。なお、発売日は当初の7月19日から8月9日に変更されています。

N-BOXのプラットフォームを使いながらも、同社の特許である燃料タンクを前席床下に配置する「センタータンクレイアウト」にすることで広い室内空間を確保。さらに、開口高の低い荷室は荷室高の高さもあって大きな荷物を積んだり、床下を上下に区切ったりしても使えます。

さらに、ボードを残したまま後席背もたれを前倒しすることで、上段の荷室を拡大することが可能で、ゴルフバッグも積載可能。逆に、ボードを後席の後ろに設置すれば、区切りのない空間になり、ポリタンクなどの大きな荷物も積載できます。

ポケッテリアも充実していて、助手席前の小物置きスペースや、前席シート裏のポケット、傘が横置きできる後席足元のトレーなどを用意しています。

夜間の歩行者検知機能を含めた最新の衝突被害軽減ブレーキ、渋滞追従機能付アダプティブクルーズコントロールなどからなる「ホンダ・センシング」も全車に標準装備するなど、安全装備・ドライバーサポート機能も抜かりなく、N-BOXで成功を収めた要素を踏襲しながらも毎日使いやすい機能、サイズ感が盛り込まれているのが特徴です。

ボディカラーは、N-WGNのモノトーンが「プラチナホワイトパール」、「ルナシルバーメタリック」など9色、2トーンが「ピーチブロッサムパール&ホワイト」など4色。N-WGNカスタムは、モノトーンが「プラチナホワイトパール」や「シャイニンググレーメタリック」など全7色で、2トーンは「プラチナホワイトパール&ブラック」など全3色展開になっています。

価格帯はN-WGNが127万4400円〜163万1880円。N-WGNカスタムが151万2000円〜179万3880円です。

(文/写真 塚田勝弘)

『ホンダ・N-WGN』の最新記事
ホンダ・N-WGN用の無限製カスタマイズパーツは、攻めた造形が魅力
N-WGNカスタムと標準車
ホンダ・N-WGNに起きた電動パーキングブレーキのリコール。なにが問題だったのか? そもそもリコールとは?
最新の「ホンダ・センシング」を標準装備、お買い得感も魅力的なN-WGN【ホンダN-WGN試乗記】
NワゴンL_後ろ7-3スタイリング
ライバルの一歩先を行く、クラスを超えた仕上がり。実用的なNAモデルでも十二分な走り【ホンダNワゴン Lホンダセンシング試乗】
Nワゴン リヤ7/3スタイリング
どうなるフィット!? ターボならばコンパクトカーにも匹敵する性能【ホンダ N-WGN カスタムターボ ホンダセンシング試乗】
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事