GM元副会長が衝撃発言!「コルベットの次期型はSUV化したほうがいい」

●ネームバリューを活かしてSUV化を。衝撃発言をもとにSUVモデルを大胆予想

先日、GMの元副会長であるBob Lutz(ボブ・ラッツ)氏が「コルベット次期型は、ポルシェ・カイエンに匹敵する10万ドル(約1千万円)のSUVとして発売した方が良いのでは」と提案し、話題となっていましたが、早速反応した人がいます。

今回も協力してくれたのはCGデザイナーのKleber Silva氏です。予想CGでは、あえてランボルギーニ「ウルス」のデザインを多く残していますが、「C7」から流用したヘッドライトやコルベットのエンブレム付きボンネットを装備。テールライトもコルベットから意匠を得たデザインとされています。

ラッツ氏によると、新型ミッドシップ・コルベットが発売されても新規顧客を取り入れることは困難であり、ポルシェやランボルギーニがSUVをヒットさせたように、ネームバリューを活かしてSUVへ方向転換することが最善の策という理論のようです。

すぐ開発に着手されることはないでしょうが、ラッツ氏がGMのライバルであるクライスラーに電撃移籍した際には、ダッジ「バイパー」の開発を主導したカリスマだけに、その言動の実現を全く否定することはできないかもしれません。

(APOLLO)

『Scoop』の最新記事
アウディ A3セダン外観_001
アウディ A3セダンの次期型プロトタイプをキャッチ! 刷新された新ボディを捕捉
VW ゴルフ GTI外観_003
歴代最強となる255馬力を発揮。開発中の新型VWゴルフ「GTI」をキャッチ
フィアット 124 スパイダー外観_003
利益でているのになぜ? マツダ・ロードスターと血を分けるフィアット「アバルト124スパイダー」、生産終了へ
スバル BRZ外観_004
スバル・BRZの開発車両の正体とは!? アルピーヌA110やロードスターを従えてニュルに出現
ルノー エスパス外観_003
アルピーヌA110のエンジンを搭載! ルノー エスパスが大幅改良へ
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事