後継モデルはどうなる!? シトロエン C4カクタスが一代限りで生産終了の噂

●エキゾチックで独創的なデザインが原因!? C4カクタスが1代限りで終了か?

シトロエンのファンキーなクロスオーバー「C4カクタス」が、初代である現行モデルで生産終了となる可能性が高いことが「Top Gear」誌の調べでわかりました。

「C4カクタス」は、2013年9月のフランクフルトモーターショーでコンセプトモデルとして発表されたクロスオーバーSUVです。ほぼコンセプトモデルのデザインを継承する形で2015年にデビュー、そのエキゾチックで独創的なデザインは世界で注目を集め、日本でも200台限定発売され完売しています。

2018年には改良型を発表、シグネチャである「エアーバンプ」(サイドのウレタン製パネル)がはずされていますが、この時点で次期型への構想が消えていたとも噂されています。

後継モデルでは、「カクタス」の車名は見送られる可能性があり、コンパクトカーとして再デビューすると予想されています。パワートレインなどの詳細は不明ですが、新型モデルとして2021年のデビューが期待できそうです。

(APOLLO)

『Scoop』の最新記事

新型ゴルフGTIは「恐ろしいほどCOOLになる」。歴代最強の300馬力を発揮
欧州ベストセラーミニバンが進化。 ルノー・エスパスの改良型は内外装を一新して登場?
高性能バージョン「M235i」か? BMW「2シリーズ グランクーペ」ド派手プロトタイプ登場
Aクラス初のPHVモデル、9月デビューが決定! その強力パワートレインとは?
ピックアップトラックにも「NISMO」が設定!? ハイパワーモデルで販売強化を狙う日産
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事