BMW・M2に最強モデル「CS」が設定! コックピットを激写

●パワートレインは兄貴分の「M3/M4」から流用。450ps以上を発揮するM2 CS

BMW「2シリーズ」に初めて設定される最速モデル「M2 CS」の市販型プロトタイプを、これまでで最も鮮明に撮影成功するとともに、そのキャビン内も初めてカメラが捉えました。

最新のプロトタイプは、ブラックアウトされたキドニーグリル、「M2コンペティション」より張り出したフロントスプリッターを装備するほか、キドニーグリルの奥には、ラジエーターや強化バーが見てとれます。

カモフラージュされていますが、パワーバルジを備えるボンネットフードを始め、ルーフ、ミラー、リアディフューザーなどにカーボンファイバーを採用し、軽量化が図られているのも確かなようです。またリアエンドには、スプリットタイプの大型化されたトランクリッドスポイラー、ディフューザー、クワッドエキゾーストパイプなどアグレッシブなデザインが採用されています。

足回りには、19インチYスポークホイールに、サーキット走行性能を持つミシュランパイロットスポーツカップ2を装着、サスペンションも専用セッティングとなるとのことです。初めて撮影された車内には、アルカンターラを巻いたステアリングホイール、カーボンファイバートリム、レッドステッチをあしらったスポーツシートなどスポーティな仕上がりを見せています。

注目のパワートレインは、「M3」「M4」から流用される3.0リットル直列6気筒、S55ツインターボエンジンを搭載。これまでの情報では、最高出力は445psを発揮すると伝えられていましたが、アップデートされた情報によると450ps以上を発揮するとも噂されています。トランスミッションは、6速MTまたは7速DCTと組み合わされるでしょう。

ワールドプレミアは、最速で9月のフランクフルトモーターショーと思われ、2020年3月から生産開始と予想されています。

(APOLLO)

この記事の著者

APOLLO

APOLLO 近影
アポロニュースサービス代表取締役。1965年東京生まれ・世田谷区在住。通信社を経て1996年に独立、レンタルポジ&ニュース配信会社アポロニュースサービスを設立した後、2016年にはカーメディア「Spyder7」編集長に兼任、多数のメディアへ新車スパイショット配信も手掛けております。通信社入社と同時に新車スクープに関わり、これまで35年間、新型モデル開発を追い続け、現在は新車スクープ原稿を年間800本以上執筆、日本で一番新車スクープ記事を書く男としてギネス申請中!?