Eクラスのハードコアモデル「AMG E63」改良型プロトタイプをキャッチ。フロントマスクが迫力アップ

●フロントエンドは「プレデターフェイス」へ刷新!

メルセデス・ベンツのミドルクラス4ドアセダン「Eクラス」に設定されるハードコアモデル、「AMG E63」の改良型プロトタイプをカメラが捉えました。

捉えたプロトタイプは「パナメリカーナグリル」が装着されていません。しかし「AMG C63」最新モデルにも装着されており、E63に採用されるのは間違いないでしょう。

ヘッドライトは偽装されていますが、新型「GLE」でも見られるブーメラン型LEDデイタイムランニングライトの一部が見られるなど、フロントエンドは「プレデターフェイス」へ刷新、迫力を増しています。

前回捉えた開発車両とは、クロスドリル・ブレーキローター、トランクリッドスポイラー、クワッドエキゾーストパイプやディフューザーなど同様にみられる反面、ブレーキキャリパーやホイールデザインが異なっており、このプロトタイプは上位モデルである「S」の可能性もあります。

パワートレインは、4.0リットルV型8気筒ツインターボエンジンを搭載。現行モデルの最高出力603psがキャリーオーバーされると思われますが、数馬力向上する可能性もあるようです。

コックピットも一新され、新デザインのステアリングホイールやセンタースタック、最新世代のタッチパッドコントローラーなどが装備されると予想されています。

ワールドプレミアは2020年春と予想されますが、9月のフランクフルトモーターショーでサプライズ公開、あるいはオンラインデビューもあるかもしれません。

(APOLLO)