防弾・防爆仕様のボルボ。XC90に「アーマード」が登場!

ボルボは、フラッグシップ・クロスオーバーSUV『XC 90』をベースとした防弾・防爆仕様の「XC 90 Armored」(XC 90 アーマード)を初公開しました。

開発に2年近くかけられたというこのモデルは、「VPAM VR8」という最高レベルの防爆規格に認定され、360度の高い防弾や防爆性を保つといいます。同ブランドのマーケティング担当執行役員であるステファン・グリーン氏によると、XC 90の動力性能を維持しながら高度な保護性能を有し、世界のVIPへ提供する準備がされているようです。

特殊装備として弾丸や爆発物から身を守る高さ10mmの高強度スチールアーチ、最大厚さ1.96インチ(50mm)のガラス、強化サスペンション、専用ブレーキを装備。これら特殊装備には3.085ポンド(1,400kg)が加わり、5人の定員が乗車した場合最大9,898ポンド(4.5トン)という超ヘビー級になります。

すでに予約は可能で、2019年末にはデリバリーが開始される見込みです。また「XC 60 T6 AWD」や「XC 90 T6 AWD」をベースとした装甲車の軽量バージョンも計画されているようです。

(APOLLO)

『ボルボ』の最新記事
新型ボルボS60に30台限定で設定された「S60 T8 Polestar Engineered」は919万円でも即完売の勢い!?【新車】
ドイツプレミアム御三家に対抗できる動的質感と高い安全装備、少し小さくなったボディサイズが魅力【ボルボS60試乗】
ボルボ初の100%電気自動車「XC40 Recharge」は400馬力以上で400kmを走行可能【新車】
ボルボのガソリンエンジン
ボルボ・カーズからエンジン事業が独立、吉利汽車(ジーリー)と共に一大エンジンサプライヤー誕生。将来的にはロータスにも供給予定!
ボルボ XC40 EV外観_003
ボルボ初の量産EV「XC40」のデビューは10月16日。ティザースケッチが公開
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事