2戦連続でレクサスが表彰台を独占!WAKO’Sがポール・トゥ・ウィン【SUPER GT 2019】

スーパーGT第4戦決勝が30日、タイはブリーラムのチャーン・インターナショナルサーキットで開催されました。

午前中は雲が空一面を覆い、昨年にもあった熱帯地方特有の激しいスコールも心配されましたが、ピットウォークの行われたお昼頃には青空から強い日差しがコース全体を照りつけ、タイらしい猛暑のなかでの決勝となりました。

現地時間の15時(日本時間の17時)フォーメーションラップからローリングスタートで66周の決勝レースがスタート!4番手スタートの#36 au TOM’S LC500中嶋 一貴選手が前を行く#3 CRAFTSPORTS MOTUL GT-Rフレデリック・マコヴィッキ選手をオーバーテイク。この時点でレクサス勢がトップ3を独占しレースを引っ張っていきます。

7周目には36号車が、ヨコハマタイヤを履く#19 WedsSport ADVAN LC500国本 雄資選手もパスし、ポールポジションからスタートした#6 大嶋 和也選手を射程圏に捉えます。

その後方では3番手となった19号車が、同じヨコハマタイヤを履く#24 リアライズコーポレーション ADVAN GT-Rヤン・マーデンボロー選手、そして#37 KeePer TOM’S LC500平川 亮選手との3位争いを演じます

随所で激しいバトルが展開される中、各チームがドライバーチェンジのためピットイン。レースも半分を過ぎた37周目、インフィールドの7コーナーでNSX3台の絡むアクシデントがありセーフティカーが導入されます。

SCによって各車のギャップはなくなり、43週目にSCが解除になると、再びレクサス同士のトップ争いが再燃。

20周以上にわたるガチンコバトルは、最後まで首位を譲らなかった山下 健太選手がトップチェッカーを受け、GT500では前日の予選ポールポジションに続き自身初優勝、チームとしては2年連続2位表彰台から3度目にしてポディウムの頂点に立つことができました。

2位には6号車と同じくブリヂストンタイヤを履く37号車ニック・キャシディ選手、3位には19号車坪井 翔選手が入り、前戦鈴鹿に続いてレクサスが表彰台を独占する結果となりました。

この優勝で6号車は1ポイントさながらランキングトップに。ランキング3位までを4.5ポイント差でレクサス勢が独占する形で、今シーズンを折り返す事になりました。

次戦は1ヶ月後となる8月3〜4日、レクサスの本拠地富士スピードウェイにて第5戦が開催されます。シーズン最長500マイルでは、どのようなドラマが待っているのか、そして日産、ホンダの巻き返しにも期待しましょう。

(H@ty)

【関連記事】
【SUPER GT 2019】タイでも熾烈なタイヤ戦争、GT500予選はブリヂストン装着車がコースレコードでポールポジションを獲得!
https://clicccar.com/2019/06/30/871367/

『スーパーGT』の最新記事

【SUPER GT2019】第4戦のタイでシーズン折返し。Modulo勢2台のSUPER GT、2019シーズン前半を振り返る(PR)
【SUPER GT 2019】6年ぶりの優勝を果たしたLEXUS TEAM LEMANS WAKO’S。その時ピットでは?
【SUPER GT2019】GT300はラストラップでトップ入れ替わり!アツい熱いSUPER GTタイ戦決勝
ドライブレコーダーのシェア国内No.1のKENWOOD。その生産拠点・タイ工場を見学してきた
【SUPER GT2019】ホンダModulo勢のタイラウンド。34号車NSX GT3は大どんでん返しのポイントゲット! 64号車もGT500ホンダ勢トップ!
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事