【SUPER GT2019】もっと暑くなれば?課題はあるものの収穫もあったModulo勢のタイ予選

6月29・30日にタイ、チャン・インターナショナル・サーキチャン・インターナショナル・サーキットットで開催された「2019 AUTOBACS SUPER GT Round4 Chang SUPER GT RACE」。

SUPER GTでは唯一の海外戦となるタイ。29日に行われた予選ではModulo勢はどのような予選を繰り広げたのでしょうか。

タイ戦では珍しく、予選終了まで雨が降っていないというチャン・インターナショナル・サーキット。かといって照り付けるような太陽が降り注ぐというわけでもなく、たまに晴れ間が見える程度の曇り空のなかで予選が行われます。

そんな天候もあって路面温度は40度前後と意外なほど上がっていない様子で、Q1では各チームとも手探りでの走行となり、それほど大きな差がついていたわけでもありません。

1秒半の中にQ2進出マシンがすべて収まってしまうほどの僅差の中、道上龍選手のドライブによりQ1を10番手で通過したModulo KENWOOD NSX GT3。続くQ2では大津弘樹選手のドライブにより0.8秒もタイムを短縮した1分33秒023をマーク!

しかしライバルの伸びも著しく、結果は11位に甘んじてしまいます。

「ドライブフィールはよくなっているのにタイムに現れない」と語る道上選手。午前中のフリー走行からかなりいい感触を得ていたようですが、フリー走行中に大津選手がコースアウトをしてしまいます。

道上選手曰く「コースアウトの原因の一つはABSが利くとマシンの挙動が怪しくなること」とのこと。「実際にヨーロッパのNSX GT3のチームと話をしてみてもそんな挙動は起きないというけれど、ABSが利くとマシンが暴れるんですね。今のところ分かっているのはヨーロッパはピレリタイヤのワンメイクでSUPER GTは各チームが選択するタイヤでSUPER GTの方がグリップ力が高いということ。もっと路面温度が熱くなてくれれば(ABSが)きれいに利くかもしれません」。

そんな状況の中でQ2を走りタイムを更新した大津選手は「もっとうまくまとめることができればあと0.2秒は縮められたかもしれません」と語ります。この一言を聞く限り決勝では手堅いレースを期待してしまいます。

『スーパーGT』の最新記事
交流戦_レース2_001
3度のセーフティカー導入で大混乱のレース2を制したのは、GT500初優勝のあのドライバー!【SUPER GT・DTM交流戦】
Modulo Epson NSX-GTのスターティンググリッドはフロントロー
Modulo Epson NSX-GT、ドライとなったレース2で圧倒的勝利!【SUPER GT・DTM交流戦】
スプリントカップ_レース2_04
スーパーGTとは違った楽しさで盛り上がったスプリントカップ【SUPER GT・DTM交流戦】
スプリントカップ_レース1_01
予想外の展開に大興奮!スプリントカップは劇的な結末が待っていた!【SUPER GT・DTM交流戦】
交流戦_レース1_001
スーパーGT勢がホッケンハイムの雪辱を晴らす!あの選手がポール・トゥ・ウィンでレース1を制す【SUPER GT・DTM交流戦】
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事