【新車】三菱・ミラージュが一部改良。安全性、快適性を向上

●そろそろ次期型が気になるミラージュ。コンパクトなサイズと軽自動車並の価格が魅力

三菱自動車のBセグメントモデル、ミラージュが2019年6月27日に一部改良を受けました。搭載されるエンジンは、1.2Lの直列3気筒DOHCで、トランスミッションはCVTのみ。スリーサイズは全長3795×全幅1665×全高1505mmで、国産Bセグメントの中でもコンパクトといえるサイズです。日産・マーチと同じくタイで生産されています。

現行ミラージュは、2012年6月の登場なので7年が経過。時期的にも次期型も気になるところで、東京モーターショーにコンセプトカーが出るかも気になるところ。

今回の一部改良では、後席中央のヘッドレストが標準装備されたほか、助手席、後席のアシストグリップが格納式になっています。さらに、フロントのウィンドシールドガラス上部中央部分にドット柄グラデーションが追加され、サンバイザー使用時の光もれを軽減。

価格は「M」が1,382,400円、「G」が1,487,160円(消費税8%込)で、軽自動車並の設定になっています。

(塚田勝弘)

この記事の著者

塚田勝弘

塚田勝弘 近影
1997年3月 ステーションワゴン誌『アクティブビークル』、ミニバン専門誌『ミニバンFREX』の各編集部で編集に携わる。主にワゴン、ミニバン、SUVなどの新車記事を担当。2003年1月『ゲットナビ』編集部の乗り物記事担当。クルマ、カー用品、自転車などを担当。2005年4月独立し、フリーライター、エディターとして活動中。一般誌、自動車誌、WEB媒体などでミニバン、SUVの新車記事、ミニバンやSUVを使った「楽しみ方の提案」などの取材、執筆、編集を行っている。