「GR86」にフルモデルチェンジの噂。HV化でシステム出力300ps超?

■スポーツカー「GR86」も次期モデルで電動化?

現行GR86のフロントマスク

2012年のデビュー以降、長らくスポーツカーファンに支持されて来たトヨタ86ですが、2021年10月には車名が「GR86」に改められ、エンジン排気量を2.0Lから2.4Lへと拡大。外観や走りがリファインされていっそう洗練度を増しています。

スバルとの共同開発により、意のままに操れる“手の内感”や、限界域でのリニアな応答性、キビキビした走りといったGRらしい走りの味を持たせることに注力したと言います。

●2022年9月に謎のオーダーストップ

一方、昨今の半導体などの部品不足による生産遅延が常態化するなか、トヨタの販売店では2022年9月21日以降、GR86の受注を停止しました。

現行GR86のサイドビュー

しかし、トヨタから正式なアナウンスが無いことから、巷では様々な憶測を呼んでいるようです。

ただ、同車は進化や熟成を伴う性格のスポーツカー。これまでも改良前に受注をストップした前例があるため、現状の納期の長さを勘案して早めに受注をストップした可能性が考えられます。

ちなみに、本年6月にGR86の販売が開始された欧州市場においても、当初から2年間の期間限定販売モデルとなっている点も見逃せません。

●早くもフルモデルチェンジの噂

次期GR86のリヤビュー(筆者予想)

そうしたなか、各種情報によると2025年のデビューを目標にGR86のフルモデルチェンジに向けた開発がすでに始まっているようです。

注目は次期モデルでは従来のようなスバルとの共同開発ではなく、企画からデザイン、設計、開発に至るまでトヨタが独自で進めている模様。

次期GR86のエクステリア(筆者予想)

パワーユニットもスバルの水平対向ボクサーエンジンに代わり、GRヤリス用の1.6L直3ターボエンジン(272ps/37.7kgm)にモーターを加えたハイブリッド仕様になるようです。

システム出力300ps超えは確実とみられ、自社のFR用プラットフォームを改良&進化させて使用する模様。

●次期プリウス似のフロントマスクを採用?

細幅LEDテールランプを採用(筆者予想)

次期モデルで予想される車体サイズは、現行モデルの全長4,265mm×全幅1,775mm×全高1,310mm、ホイールベース2,575mmに対して、全長、全幅、ホイールベースが拡大され、全高は逆に低くなる見込み。

車高が低くなることで、従来にも増して精悍さが増すものと予想。

次期GR86のフロントマスク(筆者予想)

エクステリアについては、基本的にキープコンセプトとみられ、フロントマスクは本年末の登場が予想される次期プリウスと同様に、細幅横一文字の意匠を採用している可能性が高く、リアビューについても近年トレンドの細幅LED式テールランプの採用が見込まれます。

気になる車両価格は現行モデルが279.9万円~351.2万円なのに対して、ハイブリッド化に伴い400万円台となりそう。

開発が順調に進めば、新型クラウン同様、先代モデルの登場から僅か4年でフルモデルチェンジされることになるだけに、今後の動向が注目されます。

Avanti Yasunori

【関連記事】

ホンダに期待するのはこんなクルマ? スタイリッシュな電動SUV「プロローグ」登場
https://clicccar.com/2022/10/10/1226103/

受注好調の新型クラウン「クロスオーバー」。 売れ筋や購入年齢層は?
https://clicccar.com/2022/10/08/1225380/

新型クラウンの実力を体感すると「オッ、イイじゃないか」となるワケは? 【2.5Lモデル試乗】
https://clicccar.com/2022/10/03/1223548/

来春2023年発売予定の新型SUV ホンダ「ZR-V」はシビックの“いいとこどり”?
https://clicccar.com/2022/09/29/1221860/

新型「プリウス」がスポーティな4ドアクーペになって2022年末にデビュー?
https://clicccar.com/2022/09/25/1221113/

【関連リンク】

GR86
https://toyota.jp/gr86/

この記事の著者

Avanti Yasunori

Avanti Yasunori 近影
大手自動車会社で人生長きに渡って自動車開発に携わった後、2011年5月から「clicccar」で新車に関する話題や速報を中心に執筆をスタート、現在に至る。幼少の頃から根っからのクルマ好きで、免許取得後10台以上のクルマを乗り継ぐが、中でもソレックスキャブ搭載のヤマハ製2T‐Gエンジンを積むTA22型「セリカ 1600GTV」は、色々と手を入れていたこともあり、思い出深い一台となっている。趣味は楽器演奏で、エレキギターやアンプ、エフェクター等の収集癖を持つ。