ハコスカ、S30Z、ダットサン240RS! 奥多摩に名車たちが大集合【東京旧車会レポート・日産編】

■旧車ミーティングで大人気なのはやっぱり日産! よりどりみどりの名車を紹介

●東京旧車会(6月16日/大麦代園地駐車場/東京GT倶楽部主催)

毎月第三日曜日に午前9時から11時まで奥多摩で行われているミーティングが、東京旧車会です。今回は、会場に集まった数多くの旧車の中から、日産車をピックアップしてご紹介します。まずはスカイラインからスタート!


4気筒のボディに無理矢理グロリア用直列6気筒エンジンを積んだスカイライン2000GT-Bです。縦型の2型グリルはプリンス自動車時代のクルマで、日産時代の3型よりマニアに人気があります。


イスズスポーツでレストアされたハコスカです。前後にオーバーフェンダーを装着した以外外観はGT-R仕様にされています。L28型エンジンに載せ換えられているので走りも刺激的です。


3代目のハコスカには6気筒のGT系と別に、4気筒のショートノーズと呼ばれるフロントが短いモデルもありました。2000GTのエンブレムとショートノーズのラジエターグリルを組み合わせた珍しいルックスです。


こちらがハコスカのS20エンジン搭載車である初代GT-Rです。エンジンの他に白ガラスであることや、リヤのみのオーバーフェンダーなどが外観上の特徴です。


貴重な「大分5」のシングルナンバーが残ったままのショートノーズ系ハコスカです。ドアノブがなく、ボディをレストアしている最中の模様です。この日最もレアだった1台です。


ケンメリと呼ばれる4代目スカイラインは数が少なく、この日はこの1台だけでした。前後にオーバーフェンダーを備えるGT-R仕様を再現して、ワーク・エクイップの太いアルミホイールを履いています。


昭和から平成に切り替わる1989年に発売された8代目のR32スカイライン。生き残っている数が少ない4ドアのGTS-tですが、極上のコンディションをキープしてます。

『日産・スカイライン』の最新記事
「じゃじゃ馬」V6ツインターボvs「優等生」ハイブリッド、スカイラインらしさはどちらにあったか?【新型スカイライン試乗】
ハイブリッドモデルに搭載される「プロパイロット2.0」のあまり知られていないルールとは?【新型スカイライン試乗】
室内の広さや荷室の使い勝手をチェック。「INFINITI」譲りの高いクオリティだが…【新型スカイライン試乗】
GT-R顔の改良型スカイライン、新たに追加された3リットルV6ツインターボが熱い!【新型スカイライン試乗】
パナソニック ヘッドアップディスプレイ
「プロパイロット2.0」対応の日産・スカイラインに、パナソニック オートモーティブの小型ヘッドアップディスプレイが採用
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事