ボルボXC90「D5」は、ターボに圧縮エアを送り出し発進時から力強い加速を実現

●最上級SUVらしい乗り心地も魅力的。圧縮エア機構を採用したボルボXC90「D5」

ボルボの最上級SUVであるXC90に「D5」が追加されました。ボルボは、最高出力によりガソリンのT3、T4、T5、ディーゼルのD3、D4、D5などと機種名が付けられていて、D5はクリーンディーゼルで最もパワフルなモデルになります。

XC90 D5は、圧縮エアをターボに送り込むことでターボラグを低減し、スムーズな発進、中低速域での力強い加速を引き出す「Power Pulse」と呼ばれる新開発の機構を採用しているのが特徴。

スペックは最高出力235ps/4000rpm・最大トルク480Nm/ 1750-2250rpm。なお、NOx除去には、アドブルーで排ガスのNOxを抑制するSCR触媒コンバーターが使われています。

圧縮エア搭載車は、1秒後に非搭載車の約2倍の出力が得られるのが特徴で、0-50km/h加速、0-100km/h加速時ともに約0.5秒の短縮が可能になるそう。ただし作動上限があり、アクセル開度が36%以下、ペダル踏み込みの速度が100%/s以下、エンジン回転数が2000rpm以下、エアバルブの計算温度が+5℃以上、周囲温度約3℃以上となっています。

『ボルボ』の最新記事

【ボルボ V60 T6 ツインエンジン 】広大な荷室と流麗デザインの両立
ボルボがウーバー向け自動運転車両の生産車両を発表
【新車】スカンジナビアン・デザインのカラーコーディネイトが魅力の特別限定車・ボルボ「V90 D4 Nordic Edition」「V90 Cross Country D4 AWD Nordic Edition」
【新車】ボルボ・V60のPHVモデル「T6 Twin Engine AWD」に、659万円のベースグレード「Momentum」を追加
【新車】ボルボ・V60クロスカントリーが一部改良。「360°ビューカメラ」の標準化など安全装備を強化
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事