【新車】黒のアクセントカラーとレザーシートを備えたプジョー2008「2008 GT Line Black Pack」が登場

●コンパクトSUVとしてリーズナブルな300万円を切る価格設定

コンパクトSUVのプジョー2008は、2018年の販売実績で同ブランドの国内販売比率の約14%を占めた主力モデルの1台です。2019年も好調だそうで、1~4月の販売数で前年比+35%と、3008などと共にプジョーのSUV人気を牽引しています。

2016年に現在のフロントマスクにマイナーチェンジし、シングルクラッチの5速ETG(2ペダルMT)からトルコン付の6ATにアップデートされたことで、シングルクラッチ特有のシフトフィールから日本市場にマッチした変速フィールを獲得しています。

2019年6月10日に発売された特別仕様車の「2008 GT Line Black Pack」は、ベース車同様に、2008の魅力である軽量コンパクトボディと、1.2L PureTech+6ATによるキビキビとした走り、使いやすいラゲッジルームなどが特徴。

さらに、ブラック基調の各エクステリアパーツとブラックレザーシート、ブラック17インチアロイホイールなどを装備し、精悍さも併せ持ったモデルです。レザーシートなどを装備しながらも、輸入車コンパクトSUVとしてリーズナブルな300万円を切る価格設定も見逃せません。

安全装備は、ベースの「2008 GT Line」と同じで、フロント&バックソナー、バックアイカメラ、パークアシスト、走行モードを選べるグリップコントロールが用意されています。ボディカラーは、新色の「クエーサー・ブルー」と新規追加色の「ハリケーングレー」、そして「パール・ホワイト」と「アルティメット・レッド」の4色展開。

価格は「2008 GT Line Black Pack」が2,990,000円、「2008 GT Line Black Pack パノラミックガラスルーフ」が3,099,000円です。

(塚田勝弘)

『プジョー』の最新記事
日本登場予定の新型プジョー208/e-208、新コンセプトMPV「リフター」が六本木ヒルズで10月19日〜26日まで展示
2019年10月5日・6日に開催される「French Blue Meeting 2019」に、PSAグループの最新モデルが集結
プジョー ジャンゴ125が可愛い!見た目だけじゃなく機能はどうなのか、街乗り500km検証!
自動車だけじゃなかった!プジョーが作ったジャンゴ125はどこか懐かしいデザインでも最新の絵になるスクーターだ!!
精悍な外観が魅力! プジョー308のディーゼルエンジン仕様に特別仕様車「GT Line Blue HDi Black Pac」登場【新車】
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事