これが世界初の電気ホットハッチだ! 「MINI SE」市販型プロトタイプをキャッチ

●「MINI Electric」のロゴと黄のアクセントが光る 「MINI SE」

MINIが開発中のエレクトリックモデル「MINI S E」の市販型プロトタイプを、ほぼフルヌードの状態で初めてカメラが捉えました。

完全露出したフロントマスクには、黄色いアクセントと「MINI Electric」のロゴが付いたクローズドグリルを装着。2017年に公開された「エレクトリックコンセプト」とは異なるヘッドライトユニットやバンパーのデザインが見てとれるほか、フォグランプやボンネットにエアスクープを装備、ボディ右側の充電ポートは後部へ移動されています。

コンセプトで見られたファンキーなホイールが装着されていますが、スポーティなボディキットは見られず、かなりシンプルなデザインが採用されたようです。

BMW「i3 S」から流用されるパワートレインは最高出力184ps・最大トルク270Nmを発揮する44.2kWh、120Ahバッテリーパックを搭載。航続距離は170kマイル(約274km)程度と予想され、駆動方式はi3と異なり前輪駆動となります。

世界初の電気ホットハッチとなる「MINI S E」のワールドプレミアは、最速で2019年内と予想されています。

(APOLLO)

『Scoop』の最新記事
メルセデス AMG GT R ブラックシリーズが外観_003
究極のメルセデスAMGがニュルを疾走。「GT R ブラックシリーズ」の最新プロトタイプをキャッチ
BMW X2 PHV外観_003
BMW X2初のPHEVモデルをスクープ! システム合計220馬力を発揮
ルノー メガーヌ R.S. 外観_010
ルノー メガーヌR.S.の改良型をスクープ! 初の大幅改良でエクステリアも変化
VW ゴルフ GTE外観_009
EV航続距離は56km! 新型ゴルフにもPHVモデルが設定
ポルシェ 911 GT3外観_002
フラット6サウンド高らかに疾走。「新型ポルシェ 911 GT3」のニュル高速テストを撮った!
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事