これが世界初の電気ホットハッチだ! 「MINI SE」市販型プロトタイプをキャッチ

●「MINI Electric」のロゴと黄のアクセントが光る 「MINI SE」

MINIが開発中のエレクトリックモデル「MINI S E」の市販型プロトタイプを、ほぼフルヌードの状態で初めてカメラが捉えました。

完全露出したフロントマスクには、黄色いアクセントと「MINI Electric」のロゴが付いたクローズドグリルを装着。2017年に公開された「エレクトリックコンセプト」とは異なるヘッドライトユニットやバンパーのデザインが見てとれるほか、フォグランプやボンネットにエアスクープを装備、ボディ右側の充電ポートは後部へ移動されています。

コンセプトで見られたファンキーなホイールが装着されていますが、スポーティなボディキットは見られず、かなりシンプルなデザインが採用されたようです。

BMW「i3 S」から流用されるパワートレインは最高出力184ps・最大トルク270Nmを発揮する44.2kWh、120Ahバッテリーパックを搭載。航続距離は170kマイル(約274km)程度と予想され、駆動方式はi3と異なり前輪駆動となります。

世界初の電気ホットハッチとなる「MINI S E」のワールドプレミアは、最速で2019年内と予想されています。

(APOLLO)

『Scoop』の最新記事

ランボルギーニのワンオフオフローダー「ウラカン・ステラート」、まさかの市販化!?
アストンマーティン ヴァルキリー、限定25台の「レッドブル・シグネチャーエディション」が存在!?
過激チューンのゲンバラ、新型スーパーカーを独自開発へ!800馬力のエンジンをミッドシップに搭載
新型ゴルフにも最強「R」が登場。でも「ドリフトモードは搭載しない」!?
復活の三菱・パジェロミニ、新型は4ドアに?
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事