【発表!新型トヨタ GRスープラ】売り切れた3.0L仕様の受注を再開!! 24台限定の「マット・ストームグレーメタリック」は抽選販売

■スタッフが着ているTシャツは豊田章男社長がデザイン

・友山茂樹GAZOO Racing Companyプレジデントの愛車80スープラも展示

2019年5月17日、お台場のMEGA WEBで「Supra is back」を掲げて新型トヨタ・スープラのプレス発表会が行われました。歴代スープラのオーナーも招待された同イベントでは、豊田章男社長がデザインしたという「Supra is back」のTシャツをスタッフがゲストを迎えていました。

今年3月に「RZグレード(上級グレード)」は、半数を超える販売店で、初年度分に予定していた注文予約台数に達したというリリースを出していました。

発表会でGAZOO Racing Companyの友山茂樹プレジデントは、生産調整に努力した結果、「3月から開始した注文予約では、3.0Lターボのご予約数が我々の予想をはるかに上回りまして、これ以上受け付けできない状況となりました。大変申し訳ございませんでした…と過去形でお詫びしたのには訳があります。スープラを少しでも早く手に入れたい…という声に答えるべく、本日より受注を再開できることになりました」とコメント。

「受注生産で、納車までお待ち頂くこともありますが、一人でも多くのお客様に、GRスープラを所有する喜び、そして、「Fun to Drive」の真髄をご堪能頂ければと思います」と続けています。

『トヨタ・スープラ』の最新記事

【SZ-R編】トヨタGRスープラ動画インプレ/渡辺敏史「運動性能のバランスは一番!思い切りドライビングが楽しめる」
【SZ編】トヨタGRスープラ動画インプレ/渡辺敏史「SZは一般道で一番穏やかな動き。肩の力を抜いて付き合えるスポーツカー!」
【RZ編】トヨタGRスープラ動画インプレ/渡辺敏史「パワーオーバーに持っていける雰囲気はRZの真骨頂!」
ふと考えてみた。新型スープラの価格690万円は高いのか? あのクルマと比べるとどう!? 
【TOYOTA GR Supra試乗/渡辺敏史】新型「GRスープラ」は『らしい直6』か『軽やかな直4』か? SZ~RZの間には想像以上の差異がある
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事