アウディの最上級クロスオーバー「Q8」に、高出力の「60TFSIハイブリッド」が搭載

アウディの旗艦クロスオーバーSUV「Q8」に設定される高性能PHEVモデルをカメラが初めて捉えました。

アウディは3月のジュネーブモーターショー2019にて、「TFSI e」というバッジが与えられることになる「Q5」「A6」「A7」「A8」のPHEV(プラグインハイブリッド)モデルを初公開しました。

設定される各グレードは、最高出力299ps・最大トルク450Nmを発揮する2.0リットル直列4気筒ガソリンターボエンジン+電気モーターの「50 TFSI e」、最高出力367ps・最大トルク500Nmを発揮する3.0リットルV型6気筒ガソリンターボエンジン+電気モーターの「55 TFSI e」、そしてトップモデルは「50 TFSI e」と同じエンジンを搭載しつつ、最高出力445ps・最大トルク700Nmを発揮する「60 TFSI e」です。

「Q5」「A6」「A7」には「50 TFSI e」及び「55 TFSI e」が、「A8」には「55 TFSI e」または「60 TFSI e」の出力が与えられます。すべての「TFSI e」モデルは4WDクワトロを搭載、ブートフロアに14.1kWhのリチウムイオンバッテリーを配置し、WLTP基準においてEV走行40kmを走ります。

スカンジナビアで捉えた「Q8」開発車両は、左側面リアフェンダーに充電ポートがみられ、黄色いステッカーがハイブリッドモデルであることを示しています。搭載システムは「60 TFSI e」が予想されています。このPHEVバージョンのお披露目は2019年後半が有力です。

(APOLLO)

『Scoop』の最新記事

新型 日産・ジュークは電動化を強化。デビューは2019年秋!
メルセデス・ベンツ GLBのトップモデル、383馬力の「AMG GLB 45」を設定へ!
VW・ゴルフ ベースのテスト車両をキャッチ。わずかなヒントから見えた正体とは?
今度はSUVだ!18年ぶり復活の「プーマ」高性能モデルをキャッチ
価格は「リーズナブル」な4億円!? ブガッティに新たなワンオフモデル計画が浮上

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事