開発は最終コーナー!メルセデス・ベンツ「GLB」の最強モデル、中も外も市販型デザイン露出

●開発の最終段階を迎えた、GLBの上級モデル「AMG GLB35」

メルセデス・ベンツは新型コンパクトオフローダー「GLB」を発表したばかりですが、そのハードコアモデルとなる「AMG GLB35」の市販型プロトタイプをカメラが捉えました。

これまでで最も軽いカモフラージュ姿で捉えた開発車両は、クロスドリル・ブレーキディスクや、ツインエキゾーストパイプなどAMGルックが見てとれます。

グリルの最終デザインが隠されているものの、初めて市販型ヘッドライトが装着されています。またテールライトも最終型パーツを装着し、開発もいよいよ佳境へと入ったようです。

「GLB」の予想パワートレインは、最高出力161psを発揮する1.4リットル直列4気筒エンジン、最高出力188psと221psを発揮する2リット直列4気筒ガソリン&ディーゼルエンジンです。

対する「AMG GLB35」には、最高出力302ps・最大トルク400Nmを発揮する「M260型」直噴2.0リットル直列4気筒ターボチャージャーエンジンの搭載が予想されます。同エンジンを搭載する「AMG A35」は0-100km/h加速4.7秒、最高速250km/h(リミッター作動)のパフォーマンスを発揮しますが、「GLB 35」では0-100km/h加速は抑えめの4.9秒程度となりそうです。

コックピットには、最新世代と思われる対話型インフォテインメントシステム「MBUX」(メルセデスユーザーエクスペリエンス)を搭載。2つの10.25インチ・デジタルスクリーンも見てとれます。

「AMG GLB35」のお披露目は、最速で2020年3月のジュネーブモーターショーとなりそうです。

(APOLLO)

『Scoop』の最新記事

デビューは9月が濃厚。新型 GLEクーペ、専用パーツが露出
電動化は見送り?新型「 ポルシェ・911 GT3」は威圧的な巨大ウィングを装備
新型トヨタ・ヴィッツをキャッチ! マツダ製でなく独自開発か?
GM元副会長が衝撃発言!「コルベットの次期型はSUV化したほうがいい」
後継モデルはどうなる!? シトロエン C4カクタスが一代限りで生産終了の噂
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事