アウディ・RS Q3にTT RSの心臓部を移植!「ターボブルー」の新型開発車両をキャッチ

アウディのコンパクト・クロスオーバーSUV、新型「Q3」に設定される最強モデル「RS Q3」の市販型プロトタイプをこれまでで最も鮮明にカメラが捉えました。

「ターボブルー」カラーで現れた最新の開発車輌は、カモフラージュも一部ペイントを残すのみです。ハニカムメッシュのワイドグリル、コーナーエアインテークのエアロパーツが初めて露出し、サイドスカート、ルーフスポイラー、テールライト、ディフューザーなどの最終市販型パーツの形状なども鮮明に見ることができます。足回りには、オプションのセラミックディスクとブルーキャリパーも装着されているようです。

注目のパワートレインは、同ブランドの2ドアスポーツ「TT RS」から流用される2.5リットル直列5気筒ターボエンジン「TFSI」を搭載し、最高出力は400psと伝えられています。さらに最新情報では、414psまで高められる可能性があるといいます。これが事実ならメルセデス「AMG GLA45 S」と同レベルとなります。

ワールドプレミアは年内が予想されますが、数ヶ月以内にオンラインデビューする可能性もあるようです。

(APOLLO)

『Scoop』の最新記事

新型ゴルフのデジタルコックピットをキャッチ! 世界標準車らしい造り込み
AMGの秘密施設を発見。メルセデス・ベンツの最強SUV「AMG GLS63」は2020年デビュー?
BMWにスピンドルグリル!? 新型M3のプロトタイプから最終デザインを予想
メルセデス・ベンツの新型Cクラスは日産GT-R以上の空力特性をもつボディに
心臓部はランボルギーニ製。ポルシェ カイエンクーペに最強「GT5」設定の噂!

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事