【新型フィアット500X発表会】オシャレな雰囲気に包まれた会場でイタリアンコンパクトのマイチェンモデルをお披露目

フィアットのコンパクトSUV・フィアット500Xのマイナーチェンジモデル登場に合わせて、発表イベントが開催されました。

フィアット500Xは2015年10月にフィアット初のスモールSUVとして日本への導入が開始されています。今回マイナーチェンジされたモデルを導入するに当たって、その世界観を象徴するようなオシャレな空間で発表イベントが開催されました。

会場となったのは東京都港区の湾岸エリアに位置する「TABLOID(タブロイド)」という施設。かつてはサンケイ新聞やサンケイスポーツなどを印刷していた工場の跡地を利用したイベントスペースで、今や東京を代表するオシャレな空間として知られています。会場がオシャレならイベントそのものもオシャレ。話題のVRアーティスト“せきぐちあいみ”さんを招き、VRを用いたパフォーマンスを披露。来場者を驚かせました。

(文・諸星陽一/写真・長野達郎)

『フィアット』の最新記事
フィアット500/500C
ブランド120周年を祝う、フィアット 500/500Cの限定車「120th Tuxedo(タキシード)」
フィアットの120周年を祝う240台限定「500 Super Pop Centoventi」が登場
【新車】早い者勝ち!? フィアット・パンダに6MT+4WDの限定車「Panda 4×4 Succosa」が登場
【新車】5MT+レッドの外装色が心をくすぐる、限定車「Fiat 500S Manuale Rossa」は80台限定
【フィアット500X試乗】クルーズコントロールとアダプティブクルーズコントロールを装備
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事