GRスープラ、258馬力の直4モデルを北米でも発売?

日本国内において、想定をはるかに超える予約を受注している新型「スープラ」。北米では3.0リットル直列6気筒ターボエンジンのみが設定されていますが、2.0リットル直列4気筒モデルが米国でも発売される可能性があることがわかりました。

海外車情報サイト「Automobile」の調べによりますと、米California Air Resources Board(カリフォルニア州大気資源局)は、BMW『「2シリーズ」「3シリーズ」「4シリーズ」に採用される同ブランド製2.0リットル直列4気筒エンジンを認定したといい、スープラにも設定される可能性があるようです。

現在、日本仕様のラインアップは、最高出力197psを発揮する2.0リットル直列4気筒ターボエンジン搭載「SZ」、最高出力258psを発揮する2.0リットル直列4気筒ターボエンジン搭載「SZ-R」、最高出力340psを発揮する3.0リットル直列6気筒ターボエンジン搭載「RZ」となっています。特に上級グレードの「RZ」は、初年度分に予定していた注文台数に達する勢いです。

米トヨタでは「Road & Track」誌にて、この噂を否定しているようですが、あくまでも「現時点では」と語っており、可能性は十分あると思われます。もし北米仕様に直列4気筒モデルが設定される場合、最高出力258ps、最大トルク400Nmを発揮する「SZ-R」とほぼ同じスペックとみられます。

(APOLLO)

『トヨタ・スープラ』の最新記事

【トヨタ・スープラ 4気筒モデル試乗】スープラを手中に収めているような気分になれる「SZ」
コクピットがカッコよすぎます! GRスープラの市販レーサーGT4仕様は2020年に発売開始!
新型GRスープラのOEタイヤに選定された「ミシュラン パイロット スーパー スポーツ」
約43万人がGRスープラを購入!? 「GR Supra GT CUP」の決勝大会を「第46回東京モーターショー2019」で開催
【SZ-R編】トヨタGRスープラ動画インプレ/渡辺敏史「運動性能のバランスは一番!思い切りドライビングが楽しめる」
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事