テスラが攻撃的ハイパーカー発売したら!? デザイナーが提案する「オリンパスMAX」

EVメーカーのテスラには、現在0-100km/h加速1.9秒を誇る「ロードスター」が存在します。テスラらしいシンプルなデザインのスポーツモデルですが、過激デザインを取り入れたハイパーEVが提案されているようです。

CGを制作したのは、デザイナーのJeroen Claus氏。「Olympus Max」と名付けられたモデルは、アストンマーティンのハイパーカー「ヴァルキリー」をベースに制作されました。

ヴァルキリーのカーボンファイバースプリッターを装着していますが、ヘッドライトなどテスラの特徴といえるフロントエンドが見てとれます。ヴァルキリーとの大きな違いの一つは、デッキリッドの中央に走る大きなフィンです。またリアエンドに光るLEDストリップライトもインパクトを与えています。

キャビン内には、フローティングディスプレイとテスラらしい縦型インフォテインメントスクリーンや、ディスプレイを備えるステアリングホイールが装備されています。

同ブランドでは、ヴァルキリー級のハイパーEVを生産する技術を持っているだけに、シンプルだけでない、過激なデザインを取り入れたモデルも是非みたいものです。

(APOLLO)

『Scoop』の最新記事
テスラ モデルS外観_003
次世代パワートレイン「プレイド」で最速4ドアEV奪取へ! テスラ「モデルS」のスペシャルモデルをキャッチ
シュコダ オクタビア RS外観_007
ボディが大くき変形! VW傘下のチェコ・シュコダ社最速ワゴン、テスト走行中に大クラッシュ
BMW M2 コンペティション外観_001
BMW M2、いよいよ電動化へ。48Vハイブリッドモデルが計画中
ベントレー フライングスパー スピード外観_003
ベントレー最速の4ドアサルーン・フライングスパーに680馬力の「スピード」設定へ
ヒュンダイ i10 N 予想CG
韓国・ヒュンダイのコンパクトホットハッチ「i10N」を大予想!
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事