テスラが攻撃的ハイパーカー発売したら!? デザイナーが提案する「オリンパスMAX」

EVメーカーのテスラには、現在0-100km/h加速1.9秒を誇る「ロードスター」が存在します。テスラらしいシンプルなデザインのスポーツモデルですが、過激デザインを取り入れたハイパーEVが提案されているようです。

CGを制作したのは、デザイナーのJeroen Claus氏。「Olympus Max」と名付けられたモデルは、アストンマーティンのハイパーカー「ヴァルキリー」をベースに制作されました。

ヴァルキリーのカーボンファイバースプリッターを装着していますが、ヘッドライトなどテスラの特徴といえるフロントエンドが見てとれます。ヴァルキリーとの大きな違いの一つは、デッキリッドの中央に走る大きなフィンです。またリアエンドに光るLEDストリップライトもインパクトを与えています。

キャビン内には、フローティングディスプレイとテスラらしい縦型インフォテインメントスクリーンや、ディスプレイを備えるステアリングホイールが装備されています。

同ブランドでは、ヴァルキリー級のハイパーEVを生産する技術を持っているだけに、シンプルだけでない、過激なデザインを取り入れたモデルも是非みたいものです。

(APOLLO)

『Scoop』の最新記事

メルセデス・ベンツ SLの次期型は2021年登場? ダイナミックな快適性を持つモデルに進化
マツダ新型2ドアクーペを開発中か!? MAZDA「MX-30」の商標登録完了
新型ジュークのデビューは9月3日。日産自動車がヘッドライトをティザー公開
デビューは9月が濃厚。新型 GLEクーペ、専用パーツが露出
電動化は見送り?新型「 ポルシェ・911 GT3」は威圧的な巨大ウィングを装備
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事