マツダ・アテンザは「マツダ 6」へ改名。FRへの駆動方式変更&直6搭載で2020年秋デビューへ

●車名変更は大幅なモデルチェンジの証!?

マツダフラッグシップ・4ドアサルーン、「アテンザ」の次期型に関する情報を入手しました。

アテンザは世界戦略車として2002年にデビュー。2008年には、往来の2.3リットルエンジンに代わりL5-VE型2.5リットルエンジンを搭載する2代目を発表。2012年には、「魂動」デザインを採用した現行モデルへとバトンタッチされています。そして2020年、アテンザは史上最大の進化を遂げることになりそうです。

制作した予想CGは、フロントノーズはやや伸び、より前衛的なフォルムとリヤに向かうに連れワイド感を増したシルエットに。Cピラー部分は若干傾斜し、クーペ風シルエットとなります。サイドスカート部は、張り出し部分とリヤ部分を切れあげたデザインで軽快さがアピールされ、フロントはグリル部分をワイドになりそうです。またそれに繋がるライトは細めにしたシャープなデザインで、アンダーグリルデザインも車幅いっぱいまで伸びており、迫力かつ踏ん張り感をもたせたものが予想されます。

パワートレインの目玉はアクセラ新型同様に「SKYACTIV-X」の投入です。2.0リットルガソリンエンジンであるロードスター並の走行性能を、1.5 Lディーゼルエンジンのコンパクトカーと同等のCO2排出量で実現できるのが最大の魅力です。さらに最高出力300ps以上を発揮する3.0リットル直列6気筒ディーゼルツインターボ+電動スーパーチャージャー「SKYACTIV-D」の設定が予想され、燃費、走行性能が大幅に向上するはずです。

マツダは、グローバル化強化のため新型「アクセラ」を「3」へ変更するとみられていますが、アテンザも同様に「6」へと車名変更される可能性が高いようです。最大の注目は、現行モデルのFFからFRへの変更です。より官能的な走りを実現すると共に、次世代プラットフォーム「SKYACTIV-VEHICLE ARCHITECTURE」を採用、よりラグジュアリーな空間を提供してくれることが期待されます。ワールドプレミアは2019年には行われず、2020年秋と見ています。

(APOLLO)

『Scoop』の最新記事
トヨタ 新型EV_002
これがトヨタ・スバル共同開発SUVなのか!? 次世代EVクロスオーバーSUV特許画像が流出
BMW M4_008
「ミニM8」が姿を現す。BMW M3の市販型プロトタイプをキャッチ
日産 マグナイト_002
日産「マグナイト」が7月16日に発表。アリアに続く新型車ラッシュ
キャディラック リリック_004
キャディラック初となるフルEV「リリック」が8月6日ワールドプレミアへ
アウディ GT_001
アウディの近未来グランドツアラーを大予想。レース仕様も公開
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事