【三菱eKクロス試乗】静かで速くなり、しっとりとした乗り味も好印象

●新型デリカD:5ばりのフェイスは伊達じゃない!?

約6年ぶりのフルモデルチェンジとなった三菱ekワゴン。同時に新設定されたのが、SUVテイストあふれるeKクロスです。

今回、そのフルタイム4WDのターボモデル『T』グレード(176万5800円)に試乗することができましたので報告します。

ボディサイズは全長が3395mmで全幅が1475mm、全高は1660mm。独創的なフロントフェイスには縦型の3灯式LEDヘッドライトを採用しています。

上2段がロービーム、その下にハイビームがセットされています。

ボディのサイド面ではオーバーフェンダーを思わせる専用のデカールがセットされていることが特徴です。リヤではバンパーがクロス専用の造形となっていることも見逃せません。

車内ではメーカー装着オプションとしてプレミアムインテリアパッケージが設定されていることに注目です。これはブラックとタンカラーのコンビネーションとなるもの。シートはもちろん、インパネまで専用のカラーリングとなります。これで5万4000円の価格設定はお得。

『三菱eKワゴン』の最新記事

三菱・eKワゴン/eKクロスのOEタイヤにヨコハマタイヤの「BluEarth-FE AE30」が選定
日産デイズと三菱eKワゴン/eKクロスの違いから見える、両者の狙いとは?
6年ぶりのフルモデルチェンジ。三菱・eKワゴン/eKクロスの発表会には竹内涼真さんも参加
新型eKワゴンの外観デザインとパッケージングの進化は?【三菱eKワゴン/eKクロス登場】
新型デリカD:5を彷彿とさせる新型eKクロスとはどんな軽自動車?【三菱eKワゴン/eKクロス登場】
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事