【三菱eKクロス試乗】静かで速くなり、しっとりとした乗り味も好印象

シートに座ってまず分かるのが非常に前方視界がいいこと。

これはAピラー部分のサブピラーが圧倒的に細くなったことが好影響を与えました。従来モデルよりも4.7度、視界が広がったのです。

新設計となった3気筒ターボエンジンは、最高出力が64ps/5600rpmで最大トルクが10.2kgm/2400~4000rpm。

リチウムイオンバッテリーを用いたマイルドハイブリッドシステムが採用されていることもあり、920kgと軽いとは言えない車体を敏捷性高く加速させてくれます。

サスペンションはフロントがストラットでリヤが3リンクリジットのもの(FFはリヤがトーションビーム式になりました)。乗り心地は従来eKワゴン系に比べ、しっとりとしたハイクオリティーなものになっているのが特徴。

また今回、新規に採用された先進運転安全支援システムのマイパイロットも高速道路で試してみました。システムを起動して車速を設定すれば、アクセル・ブレーキ・ステアリングの全てにおいてeKクロスが運転支援してくれます。

前車との車間を一定に保ちながら一定速で走行してくれるアダプティブクルーズコントロールの機能は自然そのもの。車線中央を維持するようにステアリングを修正してくれるレーンキーピングアシストもその作動は違和感がありません。

ステアリングをジグザグに切るような感覚はなく、あくまでナチュラルに、ライク・ア・人間なドライビングでした。

これならば数百キロを超すような長距離ドライブにも出かけたくなる、そんな出来映え。ご機嫌なシステムの完成度に思わず心の中でサムズアップ。「いいね!」

(写真・動画・文/ウナ丼)

 

『三菱・eKワゴン』の最新記事
三菱・eKワゴン/eKクロスのOEタイヤにヨコハマタイヤの「BluEarth-FE AE30」が選定
日産デイズと三菱eKワゴン/eKクロスの違いから見える、両者の狙いとは?
6年ぶりのフルモデルチェンジ。三菱・eKワゴン/eKクロスの発表会には竹内涼真さんも参加
新型eKワゴンの外観デザインとパッケージングの進化は?【三菱eKワゴン/eKクロス登場】
新型デリカD:5を彷彿とさせる新型eKクロスとはどんな軽自動車?【三菱eKワゴン/eKクロス登場】
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事