【新車】三菱パジェロの国内向け生産が今夏で終了。ファイナルエディションは453万600円で販売

奇しくもトヨタ・マークXの生産終了のアナウンスと同日である2019年4月24日、三菱だけでなく日本のクロカン4WDを代表するモデルであるパジェロの生産終了が発表されました。現行モデルの国内販売向けパジェロは、2019年8月をもって生産を終了するとしています。

まったくの想像に過ぎませんが、マークXと異なるのは、生産を終えるのは「現行モデルの国内販売向け」で、後継モデルへの期待もわずかに抱かせる点でしょうか。

1982年に発売開始したパジェロは、オフロードにおける高い悪路走破性はもちろん、都会的な雰囲気を兼ね備えた乗用車感覚の本格オフロード4WD車として人気を集めてきたのは周知のとおり。

1991年には2代目に移行し、フルタイムとパートタイムの両方式の長所をあわせ持つ世界初の「スーパーセレクト4WD」を採用。悪路走破性をより高めるとともに、ラグジュアリー性も引き上げ、RVブームを牽引してきました。

1999年には3代目にモデルチェンジし、ラダーフレーム構造からビルトインフレーム構造のモノコックボディになり、軽量化と高剛性化を実現。高い悪路走破性に加えて、優れた操縦安定性と乗り心地を両立しました。

そして、2006年には現行型になり、従来から定評のあった「スーパーセレクト4WD-Ⅱ」に加え、新たにアクティブスタビリティ&トラクションコントロールなどが採用され、走りに磨きをかけてきました。パジェロは、これまで国内で累計64万台以上(2019年3月時点)を販売してきたものの、近年は販売面では苦戦続きだったのも確かです。

700台限定の「Final Edition」は、人気グレードの「EXCEED(クリーンディーゼル車)」がベース。人気オプションのルーフレールと電動ロングサンルーフを標準装備しました。ボディカラーは、モノトーンのウォームホワイトパール(有料色)、ブラックマイカ、スターリングシルバーメタリックに加え、3way2toneのスターリングシルバーメタリック/アイガーグレーメタリック(有料色)の全4色展開です。

内装では、本革シートとパワーシート(運転席/助手席)が標準装備され、質感を向上。機能面も強化されていて、寒冷地仕様が標準化され、寒い環境での利便性が高まっています。悪路での脱出性能を高めるリヤデフロックが標準装備され、SRSサイドエアバッグ&カーテンエアバッグも標準装備されています。

そのほか、人気ディーラーオプションを組み合わせた「FINAL EDITIONアクセサリーパッケージ」も設定されています。リヤデフレクター、スペアタイヤカバー(メッキ) 、 マッドフラップ(アルミプレート仕様)からなるオプションで価格は122,752円。

成約プレゼントとして、「FINAL EDITION」のロゴ&シリアルナンバーが刻印されたイルミネーション付スカッフプレート、シリアルナンバー入りのオリジナルウォッチ、オリジナルステッカーも用意されます。

(塚田勝弘)

『三菱自動車』の最新記事
高い悪路走破性を備えた三菱デリカD:5が一部改良。先進安全装備を強化【新車】
デリカD:5 URBAN GEAR
デリカD:5がマイナーチェンジ。前進誤発進抑制機能を得て「サポカーSワイド」の安全性を実現【新車】
三菱自動車 アトラージュ
日本への導入は間もなくか? 三菱自動車のミラージュとアトラージュがマイナーチェンジ【新車】
三菱 エクスパンダー クロス
三菱自動車が新型エクスパンダー クロスをラインナップに追加。インドネシアから発売開始【新車】
三菱自動車ミニキャブ トラック
三菱自動車のミニキャブ トラックの「G」グレードに最新の予防安全技術「e-Assist」を搭載【新車】
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事