全高を落としたワイド&ローのプロポーションとプジョー好きに響く味付け【プジョー508試乗】

●セダンから5ドアとなったフラッグシップモデル、プジョー・508

プジョー・508がフルモデルチェンジしました。最大の特徴は従来ノッチバックのセダンであったボディタイプがハッチバックの5ドアとなったことです。

プジョーの500番台は先代の508が登場したときに復活したシリーズです。508以前の500番台は505で、このモデルは1990年代に終了しています。508は400番台の407と、600番台の607を整理統合した上で登場したモデルで、それまで600番台が担っていたフラッグシップモデルの役目も受け継ぎました。

プジョーは真ん中に「0」のある車名を使い、進化ごとに数字を増やしてきましたが、そのままでは数字が足りなくなることもあり、現在はフルモデルチェンジしても同じ車名を使うようになっています。

新しい508の全長は80mm短縮の4750mm、全幅は5mm拡大の1860mm、全高は35mm短縮の1420mmとなりました。ホイールベースも20mm短縮され2800mmとなりました。プロポーションとしてはワイド&ローとなったといえます。とくにセダン系で35mmも全高を落とすのはなかなかの英断と言えます。

5ドアハッチバックといってもハッチ後端は水平に近い形状を持っていて、サイドスタインリングではノッチバックを感じさせるものとなっています。

デザインの決め手はヘッドライトからバンパー下に伸びたデイタイムランニングライトで、プジョーのエンブレムであるライオンの牙をモチーフにしていると言われます。またインテリアのスイッチ類には同じくライオンの爪をイメージしたデザインを採用するなど、プジョー好きに響く味付けを行っているところも特徴的です。

(文・諸星陽一/写真・前田恵介)

『プジョー』の最新記事

【新車】新型プジョー508SWが日本上陸。ステーションワゴンの常識を打ち破るデザインと高い積載性を両立
【新車】プジョーのクロスオーバーSUV「2008」がフルモデルチェンジ。ピュアEVも設定
【新車】黒のアクセントカラーとレザーシートを備えたプジョー2008「2008 GT Line Black Pack」が登場
【新車】人気のプジョー・208に、充実装備の特別仕様車「208 Allure Fun Edition」を設定
ライオンの牙と爪はプジョーの救世主なのか? 新型508のデザインにおける「新しい個性」を探る
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事