トヨタ・ヴェルファイア(エアロ仕様)に後付けできる全方位駐車アシスト機能付サイドビューカメラが発売

カーAV取付キットなどを販売するカナック企画は、2019年4月25日からトヨタ・ヴェルファイア(エアロ仕様)用のサテライトビューカメラ「SV-Y008」を発売すると発表しました。価格はオープンプライスで、全国のディーラーや量販店で販売されます。なお、従来品の「SV-Y007」は14万円前後の実勢価格になっているようです。

クルマの全周囲を俯瞰映像で確認できる「全方位駐車アシスト機能」はメーカーオプションのみの対応となっていましたが、同社の「SV-Y008」は市販カーナビゲーションに後付け可能としたサテライトビューカメラになります。

今回、新たにラインナップされるのは、トヨタ・ヴェルファイアのエアロ仕様(H30/1~現在)向けの「SV-Y008」で、外部パーツはシリーズ共通の適合車種専用設計で、フィット感に優れた純正品の様な仕上がりは従来どおりだそう。

とくに、フロントパーツでは違和感のない装着をイメージして設計されていて、別売のオプションパーツ「SV-X001」を使用することで、ディーラーオプションナビゲーションにも対応するそうです。

さらに、駐車時のステアリング連動ガイドラインシステムが同モデルから採用される改良により、運転操作のサポートが向上するとしています。

(塚田勝弘)

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事