メルセデス・ベンツ初のEVオフローダー「EQB」、航続500kmで2021年にもデビュー!

メルセデス・ベンツは、上海モーターショーで「コンセプトGLB」を初公開しましたが、その電気バージョンとなる「EQB」の市販型プロトタイプを、初めてカメラが捉えました。

捉えたプロトタイプは、これまで目撃したGLB開発車輌とは異なるグリルカモフラージュが見られるほか、フロントウィンドウ右上には「ELECTRIC」のステッカーを貼り、エキゾーストパイプを装着していないことがら電気バージョンであることは間違いないと思われます。

同ブランドでは、初の市販EVとしてクロスオーバーSUV「EQC」の発売を予定していますが、EQBはよりボクシーなシルエットが予想され、初の本格EVオフローダーといえそうです。

GLBのパワートレインは、最高出力161psを発揮する1.4リットル直列4気筒エンジン、最高出力188psと221psを発揮する2リット直列4気筒ガソリン&ディーゼルエンジン、新開発1.5リットル直列4気筒ターボディーゼルなどがラインアップされ、7速デュアルクラッチと組み合わされますが、対するEQBは今後登場が予想される「EQA」と同じリチウムイオンバッテリーを搭載し、310マイル(500km)と噂されています。

またGLBはプラグインハイブリッドモデルの設定も濃厚で、こちらは2.0リットル直列4気筒ガソリンエンジン+2つの電気モーターで、EV走行の航続は62マイル(100km)と予想されています。「EQB」市販型のワールドプレミアは2021年内が有力です。

(APOLLO)

『Scoop』の最新記事

ゴルフのような使い勝手が魅力。VWの新型EVハッチ「ID.3」の価格は370万円以下に
ポルシェはEVにも「ターボ」!? タイカン最終デザインついに露出
新型ゴルフのデジタルコックピットをキャッチ! 世界標準車らしい造り込み
AMGの秘密施設を発見。メルセデス・ベンツの最強SUV「AMG GLS63」は2020年デビュー?
BMWにスピンドルグリル!? 新型M3のプロトタイプから最終デザインを予想

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事