日本最速は三重県! 国体出場を賭けた「グランツーリスモSPORT」オンライン予選の結果が判明!

■各都道府県の上位20名は代表決定戦に進出

●2分切りはプロレーサーでも苦戦!

4月1日から、日本中のお茶の間や子供部屋で続いてきた戦いが4月21日に終了しました。それが「全国都道府県対抗eスポーツ選手権2019 IBARAKI」出場を賭けた『グランツーリスモSPORT』のオンライン予選。鈴鹿サーキットを舞台にしたGr.3マシン(GT3マシンに相当)によるタイムトライアルでしたが、いやー、すごいラップタイムが記録されました。

今度の大会は一般の部(18歳以上)と少年の部(6歳以上~18歳未満)に分かれるのですが、それぞれの日本最速タイムは三重県(1分57秒517)と神奈川県(1分57秒767)。筆者の知るグランツーリスモ好きのレーシングドライバーが2分切りに苦戦していましたから、そのレベルの高さは想像いただけるかと思います。ちなみに本物の鈴鹿サーキットの同クラスのコースレコードが1分55秒531(レクサスRC F GT3/中山雄一)なので、グランツーリスモのシミュレーション能力もかなりのものですよね。

さて、今後の展開ですが、5月11日の沖縄県を皮切りに、全国12地域で都道府県代表決定戦が行われます。この決定戦は前述したオンライン予選で、各都道府県の上位20名に食い込んだ選手(2部門計40名)が出場するもので、ここで勝ち残った2名(2部門計4名)が、いよいよ10月に茨城県つくば市で開催される本大会へエントリーするわけです。

初の国体イベントで勝利するグランツーリスモの達人ははたして誰か? この動きからは当分目が離せそうもありません!

(文:角田伸幸)

【関連リンク】

・「全国都道府県対抗eスポーツ選手権2019 IBARAKI」競技タイトル『グランツーリスモSPORT』公式サイト
https://www.jp.playstation.com/events/gran-turismo-sport-kokutai2019/

・全国都道府県対抗eスポーツ選手権2019 IBARAKI
https://jesu.or.jp/ibaraki2019/

『eモータースポーツ』の最新記事
世界ラリー選手権の公式ゲーム最新作「WRC9」発表! 9月3日にグローバル発売予定
タイトル画像
今年こそは俺も!? 「グランツーリスモSPORT」のFIA GT選手権 2020シーズンが2月15-16日に開幕!
WRC 8
自宅で世界チャンピオンを目指せ! 話題のWRC公式ゲーム「WRC 8」をプレイしてみた
ゲームのプレイ風景
リアルモータースポーツとeスポーツのいいとこどり。新しいレースカテゴリー「JeGT」が発足!
「スーパーフォーミュラ・バーチャルシリーズ」開幕。初戦のイオンモール座間は実戦と変わらぬ大興奮!
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事