【ボルボ V60 クロスカントリー試乗】さすが北欧の国が作ったクルマと呼べる仕上がり

●ぶっといトルクが広範囲で溢れ出る「V60クロスカントリー」

ボルボからV60をベースにしたSUVテイストのモデル「V60クロスカントリー」が発売されました。今回、そのT5 AWD プロ(649万円。オプション価格を除く)に試乗することができましたので報告します。

「V60クロスカントリー」はV60をベースに全高を75mmアップし、ワイルドなテイストを加えたモデルです。全長は4785mm、全幅は1895mm。全高が1505mmとなります。最低地上高は210mmと非常に大きく取られており、実際の悪路走破性能も大きく向上しています。

万一険しい道に遭遇したときにも後輪にはブレーキLSDが装備されていますから安心。悪路での走行信頼性は高いと思います。

エクステリアでは、ボルボが共通して採用しているトールハンマー型のシグネチャーライトが特徴。これはウインカー作動時にはオレンジに点灯します。

グリル、バンパー下のプロテクションパーツ、サイドのオーバーフェンダー風パーツ等はクロスカントリー専用装備です。

ラゲッジルームの使い勝手は、さすがボルボだと思われるものがあります。荷室とバンパー部分の段差もなく、フラットになっています。スーパーのレジ袋などはラゲッジ床面のボードを立てればコンビニフックがありますのでかけておきます。

その状態でも広いのですが、荷室右側のスイッチを押せばワンアクションで自動的にリアシートが倒れ、広大な空間を確保してくれます。

前後シートは非常にたっぷりした造形のものです。

インパネに関しては中央に超大型・9インチTFTモニターを内包する、北欧らしいテイストデザインがなされました。

なおこのモニターではナビやオーディオのほか、エアコンの操作も可能です。

注目なのは全ての操作部分が大きく作られていることです。これによって(静電タッチ対応の)手袋をつけた状態でも、押し間違いをすることがなく操作できるということです。

さすが北欧の国が作ったクルマですよね。

『ボルボ』の最新記事
新型ボルボS60に30台限定で設定された「S60 T8 Polestar Engineered」は919万円でも即完売の勢い!?【新車】
ドイツプレミアム御三家に対抗できる動的質感と高い安全装備、少し小さくなったボディサイズが魅力【ボルボS60試乗】
ボルボ初の100%電気自動車「XC40 Recharge」は400馬力以上で400kmを走行可能【新車】
ボルボのガソリンエンジン
ボルボ・カーズからエンジン事業が独立、吉利汽車(ジーリー)と共に一大エンジンサプライヤー誕生。将来的にはロータスにも供給予定!
ボルボ XC40 EV外観_003
ボルボ初の量産EV「XC40」のデビューは10月16日。ティザースケッチが公開
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事