元F1ドライバー・井出有治、怒涛の鬼スケジュール!?の一日を追ってみた!【モーターファンフェスタ2019】

【12:30~12:50】 ルノー・トークショー

Aパドック前のメインステージで行われたのは、ルノー・ジャポンよりお誘いいただき参加したトークショー。司会はマナピー鈴木学さん。clicccar小林編集長も参加して3月に行われた「メガーヌR.S. カップ」試乗会の話や、この日の午前中に行ったタイムアタックの話を中心に笑顔の中、行われました。「いつまで『元F1ドライバー』の肩書き使うの?」(マナピー鈴木)「いや、まだイケるでしょ!」(井出)…!

【13:40~15:45】グリッドウォーク~EVレース決勝準備

モーターファンフェスタのメインベントともいえるグリッドウォークにEVレース用MIRAIもコースイン。ピットアウトして最後尾につけるまではドライバー(井出さん)が動かさなければいけません。ピットアウトまでの待ち時間は…お昼寝です。

グリッドウォーク~EVレース決勝までの時間はなるべく井出さんに負担をかけないよう、一旦ピットに戻って休憩タイムとしたため、グリッドウォークで会えると期待していた皆さん、ごめんなさい!

【15:45~16:20】 EVレース決勝

いよいよEVレース決勝です! 前日から、同じMIRAIで参戦している国沢光宏さんや、チームNATS日本自動車大学校の金井亮忠さん、海老原NATS元講師にMIRAIでの上手いレースの運び方アドバイスをしていただき、ノントラブル完走を目指します!

そして、EVレース終了とともに分刻みの怒涛の一日が終わりました。そして、ここでご褒美!?

この記事の著者

永光やすの

永光やすの 近影
「ジェミニZZ/Rに乗る女」としてOPTION誌取材を受けたのをきっかけに、1987年より10年ほど編集部に在籍、Dai稲田の世話役となる。1992年式BNR32 GT-Rを購入後、「OPT女帝やすのGT-R日記」と題しステップアップ~ゴマメも含めレポート。Rのローン終了後、フリーライターに転向。AMKREAD DRAGオフィシャルレポートや、頭文字D・湾岸MidNight・ナニワトモアレ等、講談社系クルマ漫画のガイドブックを執筆。clicccarでは1981年から続くOPTION誌バックナンバーを紹介する「PlayBack the OPTION」、清水和夫・大井貴之・井出有治さんのアシスト等を担当。