これが新型「MR2」か? トヨタがミッドシップスポーツを商標登録

トヨタが新型ミッドシップスポーツのデザイン商標登録を4月8日に完了していることがわかりました。

入手したパテント画像から判断すると、フロントオーバーハングが極端に切り詰められ、リアにボリュームがあるボディスタイルが見て取れることからもミッドシップと思われます。また、Bピラーからトランクリッドまで一気に伸びるファストバックルーフが印象的なデザインです。

トヨタのチーフエンジニア・甲斐氏は以前から「スープラを復活させたので、次はセリカとMR-2だ」と語っています。トヨタは2017年に「セリカ」の商標登録を完了しているほか、以前にはこの3台を「ザ・スリー・ブラザース」と呼んでおり、パテント画像登録からも、これがMR2新型の可能性があるようです。

新型「MR2」のパワートレインは、2.0リットル水平対向直列4気筒エンジン+電気モーターのハイブリッドが予想され、発売が実現するならばワールドプレミアは最短で2021年、遅くとも2025年までの登場が期待されます。

(APOLLO)

『Scoop』の最新記事

ゴルフのような使い勝手が魅力。VWの新型EVハッチ「ID.3」の価格は370万円以下に
ポルシェはEVにも「ターボ」!? タイカン最終デザインついに露出
新型ゴルフのデジタルコックピットをキャッチ! 世界標準車らしい造り込み
AMGの秘密施設を発見。メルセデス・ベンツの最強SUV「AMG GLS63」は2020年デビュー?
BMWにスピンドルグリル!? 新型M3のプロトタイプから最終デザインを予想

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事